にじはじめてあらわる

 2016-04-15
前出の記事のようなわけで、
せっかくスタートしたばかりの勉強会、ブログ、ツイッターの
名前もアドレスも全部変えなければならなくなった。

TOEIC業界の大物たちの塾やブログ、ツイッターのタイトルにだって
“TOEIC”という言葉が使われているのに、
それに“目が届いていない”から、
一般の人たちは、別に使ってもいいのかなと思うじゃない….

別の団体が TOEICという名前の試験を作ったりしたら、
それは問題だとは思うけれど、
TOEICが大好きな人たちが、TOEICに人を表す語尾をつけて、
自らをTOEICerと称したからといって、

膨大な財産的価値あるTOEICに只乗りした、
また著名商標TOEICの財産的価値を希釈化したTOEICerという表現を
ETSは認めることはありません。
この表現の使用の仕方いかんによっては
法に抵触することになる場合が十分考えられます。

とまで言われなければならないのだろうか。
理屈では分かっても、感覚的には不思議な気がした。

TOEICerと名乗っている人たちは、何度もTOEICを受けている
いわば、ETSに取って上得意客。
ソニー(←弁護士さんが持ち出した登録商標の例)の製品が好きな人が、
私は、ソニーファンですとか、ソニラーですと言って、
上記のような言われ方をしたら、傷つくだろうし、
ソニー製品に対する気持ちも冷めてしまう。

言葉は生き物。
人々に使われ、コミュニケーションが行われる中で、
何が正しいかは、変わっていく。
今の正しい日本語は、100年前の間違った日本語。
いくら法律で縛りをかけても、
これからもTOEICが大好きな人たちは、
自らをTOEICerと呼ぶだろう。

心が疲れた時は、人生を小さく切って考える。
1か月、1週間。それでも大きすぎると感じる時に開いてみたくなる本

イラストで楽しむ日本の七十二候

第十五候 清明 末候
虹始見(にじはじめてあらわる)
4月15日~19日ごろ

春雷を伴うにわか雨がやみ、
雲間から漏れる柔らかな光の中から虹が浮かび上がるころ。
虹は、太陽の光が空気中の水滴に反射してできるものです。
水滴が大きいほど色が鮮やかになるので、
大粒の雨が降った後ほどくっきりと見えます。


神様からのメッセージ、今日もしっかり受け取りました。


カテゴリ :TOEIC名称使用問題 トラックバック(-) コメント(0)

そして、ETS代理人の弁護士さんから更なる回答が来た。

 2016-04-14
お問い合わせ頂きました件につきまして以下のように回答させて頂きます。

1) 最初の御質問ですが、日本語の表現としては確かに御指摘のような疑問がでてくるものと思われます。「登録商標TOEIC®の名称使用と表示方法に関するガイドライン」(GUIDELINES FOR THE INFORMATIONAL USE OF THE TOEIC® TRADEMARK) において、団体名称、イベント名称、等の名称においてETSが著名登録商標TOEIC(ETSの独占排他権であり財産権であります)を第三者に使用を開放し、その使用を認めているのは、例えば、①「THE [COMPANY NAME] PREPARATION COURSE FOR THE TOEIC® TEST」、②「HOW TO PREPARE FOR THE TOEIC® TEST」、③「PREPARATION COURSE FOR THE TOEIC® TEST」といったような内容の名称においてであります。英語表記においてはすべて「----- FOR THE TOEIC® TEST」、「----- ON THE TOEIC® TEST」といったような表現においてであります。

英語表記ではすべてTHE TOEIC® TESTという表記になり、この場合登録商標「TOEIC」が形容的態様で使用されていることになります。日本語の場合冠詞、不定冠詞といったものがないため日本語表現ですと形容詞的表現か否か区別がつかなくなりますが、私どもがお願いしているのは単に名詞+名詞の連語としてではなく、先のガイドラインの制定の趣旨から日本語表現の場合も同様にお願いしているところであります。多くの異なった第三者を対象としていますのでガイドラインでは名称等においてはすべて「TOEIC® TEST(又はテスト)」という表記を含む内容でお願いしています。

私ども登録商標TOEICを御使用になるすべての会社・団体・その他の機関を把握することは困難ですので、他に正しくない使用をされるところがありましても、私どもの目が届いていないということでありますので御理解下さい。「SONY」はソニー株式会社の商標権であり独占排他権であり財産権であって、第三者は自由に使用することはできません。「TOEIC」も同様にETS所有の著名な独占排他権であり、財産権でありますので御理解頂きたいと思います。

目が届いていない?

2) 「ドメインネーム」との関係において私どもがお願いしているのは著名商標という「TOEIC」の普通名称化の防止ですので「toeic」という文字が入っていること自体好ましくありません。

3) 「TOEICer」という表現について

ETSとしては、膨大な財産的価値あるTOEICに只乗りした、また著名商標TOEICの財産的価値を希釈化したTOEICerという表現をETSは認めることはありません。この表現の使用の仕方いかんによっては法に抵触することになる場合が十分考えられます。

以上、ETSが登録商標のガイドラインを制定し、第三者の使用がガイドラインに則したものである限り、自社の財産権でありますTOEICを第三者に開放している趣旨を十分に御理解・配慮頂きたく思います。

御参考までにガイドラインを添付させて頂きます。

以上、宜しくお願い致します。

************************************

ご指示に従い、団体名、ブログアカウント名、ツイッターアカウント名、メールアドレス、ハンドルネームすべて改名、変更いたします。
手続き終了までしばらくかかりますが、お許しくださいませ。
また、頂きました情報は、TOEIC® Test の商標が正しく使われるようにするために
TOEIC® Test Communityの皆さまとシェアさせていただきます。
TOEIC® Test の商標が正しく使用されていないのは、私を含め皆さま悪気があるわけではなく、
単に正しい知識が与えられていないためだと思われるからです。
お忙しい中御回答頂き、まことにありがとうございました。


************************************

と、言うわけで今日からはTOEICer101ではなく、ただの101になりました。
ただ、正しい使用もどこまでという線引きは難しいですよね。
ブログのタイトルには勿論正しい記述を用いるべきでしょうが、
記事の中まで一々TOEIC®TESTと書くのは大変ですし、
それくらいは許されるのでしょうね。多分。
カテゴリ :TOEIC名称使用問題 トラックバック(-) コメント(0)

ETS代理人の弁護士さんに、さらに質問してみた。

 2016-04-14
先日は、丁寧な御回答をいただきありがとうございました。
TOEIC®テストコミュニティーの皆様と情報をシェアさせていただきました。
御回答を読んでも、よく理解できないところがいくつかありますので、
さらに質問をさせていただきます。

<団体名称、イベント名称、ブログ名称、ツイッターアカウント名称について>

「武蔵野TOEIC®勉強会」という名称は、「武蔵野TOEIC®TEST(Test又はテスト)勉強会」にして頂ければ結構です。

Educational Testing Service(ETS)のこれまで15年以上に亘り使用してきました「登録商標TOEIC®の名称使用と表示方法に関するガイドライン」では、「登録商標TOEICを御使用になる場合には、必ずTOEICの文字の後に一般名称としてのTEST、Test、テストのいずれか一つを単数形で(複数形にはせず)御使用下さい。」とお願いしています。「TOEIC®TEST(Test又はテスト)」は一つの表現体としてお願いしています。

登録商標「TOEIC」は独占排他権であり、極めて財産的価値の高い著名登録商標です。ETSはTOEICを正しく御使用頂く限り第三者にその使用を開放していますが、このような著名登録商標は正しくない使用により普通名称化を招くことにもなります。そのため、名称等においては必ずTOEIC®TEST(Test又はテスト)のような表記をお願いしています。TOEIC®TEST(Test又はテスト)と表現することにより、TOEICは形容詞的表現となり普通名称化の問題は生じないという理由に依ります。御理解頂きたいと思います。


TOEIC(R)テスト 名詞+名詞の連語。 
最初の名詞が形容詞化して、次の名詞を修飾している。
TOEICは形容詞的表現となり普通名称化の問題は生じない。

のであれば、

TOEIC(R)勉強会
名詞+名詞の連語。 
最初の名詞が形容詞化して、次の名詞を修飾している。
TOEICは形容詞的表現となり普通名称化の問題は生じない。

にならないのでしょうか。

それとも、上記のような理屈抜きに後に来る名詞はTESTでなければならないという規定があるのでしょうか。

仮に「TOEIC(R)テスト」と一塊で使わなければだめなのだとしたら、
(例:TOEIC CLUB xxx 塾、TOEIC(R)模試を解く会、戦略的(R)TOEIC研究会、TOEIC(R)満点ブログ)

などは、本当はすべて違法表記で、ETSによって、告訴されることがあり得ると理解でよろしいのでしょうか。

<ドメインネームについて>

登録商標TOEICがドメインネームとして第3レベルドメインにおいて御使用の場合は、不正競争防止法第2条第1項第1号、第2号および第12号を根拠に当該ドメインネームの使用権をETSは一切認めていません。但し、トップドメインネーム(例えばjp)の後に使用することは可能です。

メールやツイッターのアドレスにTOEICを含むことは、ETSの財産的利益が損なわれると考えますので民法第709条の不法行為に該当すると思われますが、具体的に個別の法律で現在明確に規制したものはありません。これは解釈の問題にもなりますので当所では今のところ明確な回答をもちあわせていません。著名登録商標の普通名称化防止という世界的に大きな問題が存在しますが具体的な法整備がそこまでできていないというのが実情です。しかし、普通名称化の防止の観点からはETSにとりまして、そのような使用は好ましくないのは明らかな通りです。


A) @よりも前はローカルアドレスというところで、第三アドレスではないので、musashinotoeic@は問題ない
B) musashinotoeictest@にすれば普遍名詞化しないでTOEICが形容詞だから問題ない
C) toeicという文字が入っていること自体好ましくない
D) 上記すべて好ましくない。

のどれでしょうか。

<TOEICerという造語について>

私はTOEICer 101というハンドルネームを使用しております。
また、TOEIC コミュニティではTOEIC愛好者のことを「TOEICer 」と呼ぶのが一般的になっていますが、
これもすべて違法だということでしょうか。

以上三点についてご教示願えれば幸いです。
団体名、ブログ名、ツイッター名、ハンドルネームとも、違法ということでしたら、ご指示に従い改名いたします。

お忙しいところ申し訳ございませんが、ご回答の方どうぞよろしくお願いいたします。
カテゴリ :TOEIC名称使用問題 トラックバック(-) コメント(0)

TOEIC名称の使用について、弁護士さんから回答が来た。

 2016-04-12
弁護士さんからさっそく丁寧なご回答をいただきましたので、TOEICerの皆さまとシェアします。

(皆さまとシェアすることは、弁護士さんに質問状をお送りした時に書いてあります。)

***********************************

お問い合わせ頂きました内容につきまして以下のように回答させて頂きます。

1) 「武蔵野TOEIC®勉強会」という名称は、「武蔵野TOEIC®TEST(Test又はテスト)勉強会」にして頂ければ結構です。

Educational Testing Service(ETS)のこれまで15年以上に亘り使用してきました「登録商標TOEIC®の名称使用と表示方法に関するガイドライン」では、「登録商標TOEICを御使用になる場合には、必ずTOEICの文字の後に一般名称としてのTEST、Test、テストのいずれか一つを単数形で(複数形にはせず)御使用下さい。」とお願いしています。「TOEIC®TEST(Test又はテスト)」は一つの表現体としてお願いしています。

登録商標「TOEIC」は独占排他権であり、極めて財産的価値の高い著名登録商標です。ETSはTOEICを正しく御使用頂く限り第三者にその使用を開放していますが、このような著名登録商標は正しくない使用により普通名称化を招くことにもなります。そのため、名称等においては必ずTOEIC®TEST(Test又はテスト)のような表記をお願いしています。TOEIC®TEST(Test又はテスト)と表現することにより、TOEICは形容詞的表現となり普通名称化の問題は生じないという理由に依ります。御理解頂きたいと思います。

正直、よくわからないです。
TOEIC(R)テスト 名詞+名詞の連語。 
最初の名詞が形容詞化して、次の名詞を修飾している。
TOEICは形容詞的表現となり普通名称化の問題は生じない。
のなら、
TOEIC(R)勉強会
名詞+名詞の連語。 
最初の名詞が形容詞化して、次の名詞を修飾している。
TOEICは形容詞的表現となり普通名称化の問題は生じない。
にならないのでしょうか。
「TOEIC(R)模試を解く会」「戦略的(R)TOEIC研究会」「TOEIC(R)満喫生活」
も形容詞的表現となり普通名称化の問題は生じない
にならないのでしょうか。

仮にどうしても「TOEIC(R)テスト」と一塊で使わなければだめなのだとしたら、
IIBC側で素性がわかっている、有名なTOEIC参考書の著者や、有名TOEICブロガーのブログには、
TOEIC(R)テストという表記でないタイトルのものが数多くありますが、
何故、みんな野放しなのでしょうか。

2) 登録商標「TOEIC」を小文字でtoeicと表現することは一切容認されていません。

登録商標は「TOEIC」であり、toeicは登録商標TOEICの類似商標であり、登録商標TOEICの商標権の効力範囲に属します。ETSはtoeicの第三者の使用に対して商標権として禁止権を持っていますので御注意下さい。

この部分は、わかりました。

「トーイック」という表現も同様に登録商標TOEICの禁止権に属する商標であり、第三者は御使用できませんし、また、ETSは第三者に一切このような使用を容認していませんので御理解下さい。

これもわかりました。

3) 登録商標TOEICがドメインネームとして第3レベルドメインにおいて御使用の場合は、不正競争防止法第2条第1項第1号、第2号および第12号を根拠に当該ドメインネームの使用権をETSは一切認めていません。但し、トップドメインネーム(例えばjp)の後に使用することは可能です。

jptoeicなら良いということ?jpの後に何かつけられるということ自体知りませんでした。

メールやツイッターのアドレスにTOEICを含むことは、ETSの財産的利益が損なわれると考えますので民法第709条の不法行為に該当すると思われますが、具体的に個別の法律で現在明確に規制したものはありません。これは解釈の問題にもなりますので当所では今のところ明確な回答をもちあわせていません。著名登録商標の普通名称化防止という世界的に大きな問題が存在しますが具体的な法整備がそこまでできていないというのが実情です。しかし、普通名称化の防止の観点からはETSにとりまして、そのような使用は好ましくないのは明らかな通りです。

@よりも前はローカルアドレスというところで、第三アドレスではないので、
musashinotoeic@はOK?

それとも、musashinotoeictest@にすれば普遍名詞化しないでTOEICが形容詞だからOK?

それとも、toeicという文字が入っていること自体好ましくない?

別に、名前は変えても構わないと思っているので、ご指示には従おうと思っていますが、
純粋に理屈がわからないのです。

後日そこのところをクリアにするために、さらに質問させていただきたいと思っています。

取り急ぎ、回答をお待ちになっているTOEICerの皆さまにご報告でした。
カテゴリ :TOEIC名称使用問題 トラックバック(-) コメント(0)

TOEICという名称を団体名、ブログ、ツイッターで使用してよいかどうかIIBCに尋ねてみた。

 2016-04-11
ふと思ったのだが、団体名にTOEICという文字を入れるのはETSからお咎めが来るかもしれない。
確かそういう理由でTOEFL系の予備校はTOFLとかトフルなどという名称になっている。

と、昨晩ツイッターでつぶやいた件について、国際ビジネスコミュニケーション協会に問い合わせてみました。
返事は以下の通りです。


ご質問いただいておりました以下内容につきましてご連絡させていただきます。

*************************************************************************************************


団体名、ブログアカウント名、ツイッターアカウント名にTOEICと入れることは

何か問題があるのではないかとふと気づき、確認したくメールさせていただきました。

*************************************************************************************************

まず、「TOEICテスト」の名称使用についてご留意頂きたい点がございますので、
以下ご確認頂けますようお願い致します。

【TOEICテスト名称使用について】

①TOEIC(R)テストは登録商標となっており、表記に関してのガイドラインを設けております。
これに準拠し、テスト名は「TOEIC(R)テスト」とご紹介いただければと存じます。
※(R)は丸付のR。丸付にするのが難しい場合は(R)でも結構です。

②TOEIC(R)テストの商標権所有者の存在を明らかにするため、以下のコピーライトステートメントを
TOEICテストに言及しているページにご掲載ください。日英どちらでも構いません。
欄外に、読める程度のサイズでご記載いただければと存じます。

-----------------------------------------------------------------------
<英語>

TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS).
This (publication/ product/ website) is not endorsed or approved by ETS.

   ↑使用内容に合わせ、上記( )内のいずれかを記載。

<日本語>

TOEICはエデュケーショナル・テスティング・サービス(ETS)の登録商標です。
この(印刷物/製品/ウェブサイト)はETSの検討を受けまたその承認を得たものではありません。    
   ↑使用内容に合わせ、上記( )内のいずれかを記載。

-----------------------------------------------------------------------

③TOEIC(R)テストのロゴの使用はご遠慮下さい。
④「TOEIC(R)テスト」に影をつける、斜体にするなどのデザイン化はご遠慮下さい。

また、TOEIC(R)テストの商標権所有者はETSとなります。
ブログアカウント名、ツイッターアカウント名にTOEICを使用される際には、ETSの許諾が必要になります。
XX弁理士はETSの代理人でございますので、

大変恐縮ですが、本件につきましては、XX先生へのご連絡をお願いしたく存じます。


で、その下にその弁護士さんの連絡先が書いてありました。

ということは、武蔵野TOEIC勉強会のブログアカウント名も、ツイッターアカウント名もNGということ?
ブログのタイトルにTOEICとつけている人は他にもたくさんいるけれどもみんなダメなの?
小文字だったら良いの?
結局団体名としては使ってよいかは、その弁護士さんに聞かなければわからないということ?
団体名としてはだめでもイベント名としては良いの?

などなど謎だらけですので、記載してあった弁護士さんに聞いてみようと思います。
調査結果は報告いたします。
カテゴリ :TOEIC名称使用問題 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫