前置詞の種類について考えてみた。(-"-)

 2017-07-12
前回の学習会で扱ったテキストに、
前置詞が二つ続いている文があり、
参加者から、

前置詞って二つ続いてもいいんですか?


という質問が出ました。

前置詞って連続するの別にありですよ。
例えば、out of とかそうですし。


と答えましたが、

この際、前置詞の概念を
もう少し広げてみるといいかな
と思うので、今日は前置詞について
ちょっと書いてみます。

前置詞というとまず思い浮かべるのは、
中学校で習ったような
① withとか、 in とか、 on、to などでしょうか。

別カテゴリーにするかどうか
は意見が分かれるところだと思いますが、
② 上記のシンプルな前置詞が結合して
一つの前置詞になっている

within, onto

などもありますね。

で、次に話題となった
③ 前置詞+前置詞。

これも、「二重前置詞」という
別カテゴリーにするか、
まあ、たまたま前置詞が
連続しただけと見るか。

from behind the counter

とかって、Part1に出て来そう。

上記②と③はTOEICを受ける分には、

まあ、そういうものもあるんだな

くらいの理解で問題ないと思います。

TOEICで重要なのはむしろ次の二つ

④ ~ing の形の前置詞

regarding 
concerning 
considering
during
following
などなど。

duringとかはそうでもないのですが、
considering, concerning
あたりは、分詞と取ってしまって、
文の構造がわからなくなってしまう
人がいます。

仕事で授業で教えるときは
ing系の前置詞だけを特集して
教えることもあるのですが、

え~、これって前置詞だったんだ~

みたいな反応もよくあります。

で、最後に

⑤ いくつかの語が集まって、
一つの前置詞のような働きをするもの
つまり、前置詞句。
群前置詞 という呼び方もありますね。

in spite of
due to
in case of

で、ここら辺のもっと詳しい話は、
8月6日の基礎勉強会で
しようと思っています。

とりあえず、

前置詞って、
いろんな種類があるんだな~


と心を広げておきましょう。

(´▽`)



カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(0)

何故 Beauty and the Beast のBeautyは冠詞がないのか。

 2017-04-28
数日前にTOEIC大学のtwitter上で、
Miya教授から
(TOEIC大学では満点保持者の役職は
自動的に教授となります。)

何故Beastだけtheがついているのでしょうか?

という問題が出されたので

101は、

そういえば、なんでだろう?わかりません。

ここは可愛く素直にと思って、
あっさり降参してみたのです。

ところが、その後Miya教授からの回答なし。
で、しびれを切らして

で、何でなのでしょうか。答えが気になる。(*^^*)

と、今朝、問いかけてみたところ

DMM英会話の出版記念パーティーでネィティブに聞きました

Kiwi:うーん、いい質問ね。残念ながら私は答えを持ち合わせていないわ..
Brit:もちろんTheが両方についてもいいけど、昔からそうだから...


Miya教授、それでは答えになっていません。(-_-;)

分かってます(^^;
てすこ教授に教えを請うとか


と、まるでPart2の正解の選択肢のような、
無責任な答え (-_-;)

も~、というわけで、101が調べました。

何故 Beauty and the Beast の
Beautyは冠詞がないのか?


ヒロインの名前Belleは、
フランス語でBeautyという
意味なのだそうです。

英語版のストーリーでは
もともとヒロインの名前は
Beautyとなっているものが一般的で、
だからお話しのタイトルも
Beauty and the Beastなのだそうです。

そのタイトルが昔から有名なので
ディズニーはタイトルは
そのまま使ったということらしいです。

もう一つの説としては、
Beautyは美女を意味するのではなく
抽象的な「美」を意味するというもの。
Belleは姿だけではなく心も美しかったから
という理由です。

個人的にはこちらの説を支持したい...
心の美人なら努力次第でなれるかも
しれないですから (笑)

    




カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(0)

トウガラシ属を全く理解していなかった。(-"-)

 2017-04-21
事の発端は、昨日の模試の、

食中毒の疑いがあるので、
従業員はすぐにスーパーから
生鮮食料品を撤去してください


というパッセージ。

で、問題は

What product is not to be removed from the store?

A) Carrots
B) Rice
C) Apples
D) Peppers


で、答えはB)のRice

ん~、でも何でD)Pepper=コショウはダメなんだろう?
Green Pepper= ピーマンだから?


と思って、辞書でpepperを見たみた。

pepper
【名】
《植物》コショウ
《植物》カラシ◆特に赤唐辛子(red pepper)
ピーマン、パプリカ◆唐辛子の辛味を除いた栽培品種の実(野菜)。
色は赤・緑・黄色など。◆【同】bell pepper


えぇ~、ピーマンとパプリカって、
トウガラシの辛味を抜いた栽培品種だったんだ!
確かに形は何となく似ているけれど、
いままで別物という認識だった。


ピーマン自体はトウガラシの品種の一つであり、
果実は肉厚でカプサイシンを含まない。


と、いうダメ押しの記述も発見。

で、結局ピーマンはpepperの中の
緑のものということなのね。

英語の時間に

ピーマンは英語ではgreen pepperですよ

と教わって、あまり疑問に思っていなかったけれど、

① じゃあ、ピーマンて、何語?
② ピーマンとパプリカの違いは色?
③ 何でコショウもピーマンもpepperなの?


と、いろいろ疑問がわいて来た。

① フランス語 piment(ピマン)
あるいはスペイン語の「pimiento」
(いずれも広義のトウガラシを指す)から


OK、これは納得。

② 普通のピーマンも熟せば赤くなる。
野菜として出回っているピーマンが緑なのは、
まだ熟していないだけ。


ええ?そうなんだ。
ピーマンは緑の品種なんだと思っていた。


つまり、ピーマンとパプリカの違いは厳密には
色ではなくて、品種ということ?


この果実から作られる香辛料は
"paprika"と呼ばれる。
これは、唐辛子全般を指すクロアチア語由来の
ハンガリー語が転用された呼び名である。
日本では品種も果実も香辛料も
全てパプリカと呼ばれている。


はあ、ピーマンはフランス語がスペイン語、
パプリカはクロアチア語から来たわけね。


そんなことを見ているうちに、
てんぷらとかで食べる

獅子唐辛子(ししとう)

の記述発見。

熱帯アメリカが原産の「とうがらし」の一品種群です。
「とうがらし」のような辛味がなく、
野菜として食用にされる「ピーマン」のなかでも
「とうがらし」のようなかたちをした品種をいいます。


ええ?唐辛子っていうから、いつも
辛いんだろうな~、と思いつつ
おっかなびっくり食べていたのに。


とうがらし型ピーマン

なのだったら、
最初からそう言ってよ~。


で、最後に一番大きな疑問。
何で、コショウとピーマンが両方pepper?

The fruit of the capsicum plant was
probably named "a pepper"
because it was spicy or hot like the spice pepper,
because when it was first encountered
in the 16th century in the Americas,
people compared it
with something they already knew.


はあ、つまり

コショウ=pepper があった。

唐辛子が入って来た。

唐辛子はコショウみたいに辛いから
唐辛子もpepperと呼ばれるようになった、

辛味を抜いた品種が作られた
それがbell pepper(ピーマンとパプリカ)


なわけね。

いや~、今までこの関係を知りませんでした。
知らなかったのは101だけなのでしょうか?

    


カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(0)

英語に未来形はあるのか

 2017-02-01
タイトルを見て

は?当たり前じゃない。

と、思った方。

実は、英語には未来形はないという説はあるのです。
私も便宜上は「未来形」という用語を使ってはいますが、
厳密に言えば、英語に未来形はないなと思っています。
例えば、

I will do it tomorrow.

と言った場合、未来を表しているのは
tomorrowの部分であって、
willは意思を表している。
同様に

It will rain tomorrow.

ならば、will は予言。

つまり、willは未来ではなく、

意思 か 予言

を表しているという説明です。

で、こう考えれば、例えば

If it rains tomorrow, I will stay home.

という文で、If の導く副詞節の中は
未来のことであってもwillではないの?という質問に

雨が降るのは、意思でも予言でもなく、
単なる条件だから。


と説明がつくわけです。

つまり、

時、条件を表す副詞節は時制に左右されない

という、妙な表現の文法説明も不要になります。
この表現ゆえに、

When の後はいつも現在形だ
(↑勿論間違いです。過去形とかだってあります。)

と勘違いしている人もたまにいますが、
そういうこともなくなります。

will は未来ではなく、意思か予言を表している。

この考え方のほうがよくわかるなと思ったら、
是非取り入れてみてくださいね。

先日てすこちゃんがツイッターでこの説のことを
つぶやいていたので
思い出して書いてみました。

    


カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(2)

12/4日学習会報告と plasticityについて。

 2016-12-04
穏やかな冬晴れの日曜の朝、
武蔵野TOEIC 12月4日学習会を行ってまいりました!

本日はやどかり出版 TOEICテストはじめての挑戦の
Part3とPart6に取り組みました。
このPart3は、本当に難しいです。
設定が今までなかったものが多いので、
想像するのが難しいということに加えて、
登場人物が多かったり、
設問の根拠が、話の中に順番に
等間隔で現れなかったりするので、

聞く→読む→答える

というペースが乱れて、
あっという間に置いていかれてしまうのです。

それで、今日は復習もとても丁寧に行いました。
その中で出た質問の一つ。

何で、ビニールのこと、プラスチックというのでしょうね

と、いう話。

101もアメリカに住んでいた時、お店で

paper or plastic?
(紙袋にしますか? それともビニール袋?)

というのが、

何で、プラスチックなんだろ?

と不思議に思っていました。
だって、日本人にとってプラスチックと言えば
カチカチに硬いもの。
あのペラペラのビニール袋とはどうも結びつかない。

でも、まあプラスチック=ビニールなのだろう
と思って暮らしていたのでした。

しかし、ある日の授業のTOPICが

Brain Plasticity

で、これはさすがに

脳ビニール性

では、通じないな...
と思っていると先生が説明してくださったのです。

プラスチックというのは変化しうるという意味なんですね。
それまであった、木や金属という素材と違って
プラスチックというものは、熱や圧力を加えれば、
形を自由に変えることができる素材だから
プラスチックというのですね。


なるほど。plasticはプラスチックという材質でできた
という意味の形容詞でもあるわけだが、
もともとは、そういう意味から来ているわけか。


で、そこから脳にもplasticityがあります
という話に進んで行ったのでした。

ちなみに、下記が子供向けの
Brain Plasticityの説明です。

What is brain plasticity?
Does it mean that our brains are made of plastic?
Of course not.
Plasticity, or neuroplasticity, describes
how experiences reorganize neural pathways in the brain.
Long lasting functional changes in the brain occur
when we learn new things or memorize new information.
These changes in neural connections are
what we call neuroplasticity.


TOEICで脳を鍛えていると、
plasticityという特性を持った脳は、
どのように変化しているのでしょうね?

     






カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(2)

受動態進行形で人なしで正解の動詞 まとめ

 2016-12-03
最近、三回に分けて書かれた、
受動態進行形で人なしで正解の動詞をまとめてみます。 

 Part1で人がいなくても受動態進行形で正解になる
=受動態進行形でもstateを表す動詞


being displayed (表示されている)
being exhibited (展示されている)
being reflected (写っている/反射している)
being stored (収められている)
being suspended (吊るされている) 
being grown (育てられている)
being occupied(占められている)

上記は動作が進行しているわけではないので、
beingは「一時的な状態」というニュアンスを表すために用いられている。
つまり、状態が一時的でない場合は、
上記は進行形でない普通の受動態で表す。

 Part1で人がいなくても受動態進行形で正解になるが、
人間以外によるactionが進行している動詞。


being watered (水やりされている) 例:スプリンクラーなどの機械で
being baked (焼かれている) 例:オーブンで
Shadows being cast (影が映っている) 例:太陽・電気などの光源で

この他にも、機械その他の
人間以外によるactionが進行しているものは、
人がいない写真で正解の選択肢となり得る。

これらのbeingは動作が進行中であるということを表す。

 以下は人または機械による直接のactionが伴うはずであり、
stateの描写にはならない。


being arranged
being lined up
being surrounded

このbeingは動作が徐々に行われているというニュアンスを出している。

"The lakes are being surrounded by fences"
(the fences are being put up).


<以下の情報をお待ちしております>

 実際に公式問題集または公開テストに出たのは
   exhibitとdisplay以外にあるでしょうか?

 上記の他にも

   Part1で人がいなくても受動態進行形で正解になる
   =受動態進行形でもstateを表す動詞

   があるでしょうか?

    

カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(0)

レンタルのミステリー

 2016-11-30
ん?レンタルのミステリーって、
ミステリー小説でも貸し出すの?

とそういうことではない。今日は

rental

という言葉に対する ‟謎” の話。

11月28日付Choi Mirai Company サンミンさんの記事
TOEIC 複合名詞の、例題が、

rental space

になっているのが、どうも個人的には引っかかった。

複合名詞は 名詞+名詞 で、

① 一つ目の名詞は二つ目の名詞の目的語となり、
forで書き換えできる。

② 一つ目の名詞は二つ目の名詞の材料を表す。

というどちらかの関係が多くの場合成り立つ。

一方、rentalが形容詞だとすると、
この場合は名詞の前につくので、限定用法で、

いろいろなスペースがあるけれども
その中のrentalなspace

と限定することになる。

で、通勤途中にサンミンさんにDM。

rentalは、この場合、名詞なのですかね?
個人的には、形容詞だと思っていて、
また複合名詞という用語は、
名詞+名詞にのみ使用しているので、
私個人の分類では、
これは複合名詞に入れていません。


で、サンミンさからの回答

rentalは名詞です。
property available for renting


で、さっそくてすこちゃんに質問。

rental spaceのrentalって品詞は何だと思う?

え?形容詞?

う~ん、それがサンミンさんは名詞だって。

それを聞いたてすこちゃんが、
パソコンの辞書でチェック。

まずは、日本の辞書。

【形】
〔物件が〕賃貸[レンタル]用[向け]の
賃貸業[物件・料金]の
a rental car  レンタカー

ね、ほら~ rental spaceだって同じじゃない?
と思ったところ、

あれ、でも英英辞書だと名詞しか載っていない。

と、てすこちゃん。

え?あれ?本当だ。不思議だね~。

と言っているところで、時間切れとなり
てすこちゃんとはお別れした。

その後職場にある辞書をいろいろと引いてみた。
まずは、日本人のこの方。

IMG_0094.jpg

巨大な研究社英和辞典さん。
で、ご意見は、

IMG_0093.jpg

rental 形容詞説に一票。

次はこの方。

IMG_0097.jpg

イギリス人のケンブリッジさんのご意見。

IMG_0096.jpg

rental 名詞しかない。でも、
property rental,
video rental,
car rental というように、
rentalが後ろに来ている。
これだと、

property for rental
video for rental
car for rental

という関係は成り立つけれども、
二語の位置が逆になった場合と意味が違う。

次はこの方。

IMG_0099.jpg

イギリス人のコンサイスオックスフォードさん。

あ、この方のご意見は、
残念ながらうまく写っていなかった。
でも名詞しかなかった。

次は再び日本人。
学習辞書の定番、
自らを天才と呼ぶ不遜な辞書のジニアスさん。

IMG_0101.jpg

IMG_0100.jpg

形容詞説に一票

あ、先ほどのオックスフォードさんの 
お子さん(学習者用辞典)のご意見は写っていた。

IMG_0103.jpg

IMG_0102.jpg

名詞だけなのですが、
やはり、例題が、
名詞 + rentalだけで、
rental spaceのような rental + 名詞
がない。

う~ん。

で、さらにネットで主な辞書を調べてみると、

英英はみんなrental は名詞だけで、
その例として rental + 名詞も載っていました。

101の推理

きっと、昔はrental は名詞と形容詞があって、
それを基に、日本の辞書が作られて、
その後 rental の形容詞しての用法はなくなり、
でも、日本の辞書が訂正されないまま
今に至っているのかな。


お~そうだ。いいことを思い出した。
最近改訂発売された
某英和辞典の第一著者の方が職場の上司なので、
機会があったら直接聞いてみよう。

その前にその先生の辞書で
rentalの品詞がどうなっているか、
チェックしてみなくては。

    




カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(4)

受動態進行形で人なしで正解の動詞について考えてみた。(-"-) その3

 2016-11-28
帰りの比較的混んでいる電車で、
英語で話をしているイギリス人男性二人の前だけ
誰も立っていなかったので、
喜んで、そこに立ちに行って、

生リスニング教材

を楽しんで来た101です。

さて、今日のサンミンさんのツイート

@musashinottk さんのツイートに進行形の受動態で
人がいなくても正解になる動詞の紹介が。
僕も5つの動詞をあげてみました。


display
cast
grow
water
bake


それに対するコメント

武蔵野TOEIC®TESTの会 ‏@musashinottk

@gijigae 最後の二つは、確かに人はいないけれど、
機械による動作が進行しているので、
updateと同じで、個人的には別分類にしたいです。^_^


being updated
being watered
being baked


は、機械によるactionなので、
「人が写っているかどうか」だけで分類すれば確かにそうなのですが、
actionかstateかと言えばやはり機械によるactionだと思うのです。

機械ではありませんが、
それに関連して、
cast はどう?

と聞いた私の質問に対して
アメリカ人からこんな返事が来ました。

Shadows being casted" implies action to me
because the shadows change as the light moves.
(Here we would be more likely to say shadows are being cast,
although casted is correct, too.)


なるほど。機械ではありませんが、
写真には写っていなくても
太陽その他の光源の action あっての shadow という見方なのですね。

Being occupied implies a state.

OK. occupy は、リストに付け加えておこう。

Being surrounded implies action, as in the sentence
"The lakes are being surrounded by fences"
(the fences are being put up).


being surrounded by love とかあるから、
よいかなと思ったのですが、
この方の感覚では×と。
まあ、もっとも love はPart1の写真に
写りようがないですね。

I hope this helps.
I am just answering based on sentences
I can think of using those phrases,
so I may have overlooked something.


と、最後に

あくまで個人の感想です

ということでした。

どこで、線引きをするかは、難しいですね。

    

あ、これは綱引きか。

  

いや、それは千疋屋だって。



カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(0)

受動態進行形で人なしで正解の動詞について考えてみた。(-"-) その2

 2016-11-26
今度はオーストラリア人(英語関係博士号取得者)に聞いた
are displayedとbeing displayedの違いについて

Very often "is being xxxxx" is used to indicate future in the present (future use)
as well as just the present situation.
There is usually a time expression attached to the utterance
to indicate when this will occur.
It does seem to be used more by the British than the Americans.


へえ、アメリカ人よりイギリス人が好むの?
進行形のほうがよりソフトな感じがするのかな。

Often it is used to indicate that the situation is temporary
or knowledge of the situation is temporary
and will change back to normal at reasonably short /later date.
Therefore "are displayed" has a sense of regularity
or a notion of being permanent or semi-permanent.


なるほど。
でもPart1の写真からは、そこまではわからないな。

The Olympics are being held in Tokyo this time.
The Olympics are held every four years.


The paintings are usually displayed in the National Gallery
but this year they are being displayed in two different locations.


As seen, "are displayed / are held" implies
that the situation is the norm and what usually happens in that state or action.

This can also be confused by the future usage as below.

The new supermarket is being built on this block of land
with the car-park being built underground
instead of being placed on the roof.

This can be confusing if only the above is heard and known by the listener.
Thinking about dynamic and stative conditions is important.


つまり、この場合は受動態の進行形は未来の状態を表すためか、
現在行動が行われているという意味なのかは、
実際に見ないで、聞いただけではわからないということ?

The rules are being changed!

Is this temporary or permanently??

個人的には、たくさんあるルールが徐々に変わって行って、
その変わったもの自体は一時的ではないという意味だと思ったのですが、
たくさんあるルールが一時的に変えられただけという意味にもなり得るということ?

There are many small distinctions between the American and British usage
with this "is/are being xxxxx" structure and grammar
.

で、上記の本人の説明プラス
難しい文法書のコピーも何枚か添付してくれたのですが、
日本の受験用文法書にはない分析の仕方もあって、
面白かったです。

文法ばかり勉強していてもだめなのでしょうが、
時々、自分の知識を文法で整理してみるとよいですね。

     




カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(0)

受動態進行形で人なしで正解の動詞について考えてみた。(-"-) その1

 2016-11-26
Part1において、

写真に動作をしている人が写っていない
(または無関係な動作をしている人が写っている)場合
受動態進行形の選択肢は不正解

という基本がある。

しかし、それには例外があり、

being displayed (表示されている)
being exhibited (展示されている)
being reflected (写っている/反射している)
being stored (収められている)
being suspended (吊るされている)
 *

などは、

写真に動作をしている人が写っていない
(または無関係な動作をしている人が写っている)場合
受動態進行形の選択肢は正解

になり得る。

では、上記の動詞はなぜわざわざ
受動態の現在形ではなく
受動態の進行形にしているのか?

別の言い方をすれば、同じ写真を
受動態現在形で表しても、
受動態進行形で表しても、
正解になる?

以下は、アメリカ人(別分野の博士号取得者)の意見

"Are displayed" is a state with no implied action.
For example, groceries are displayed in the grocery store.
They are on the shelves.
In contrast, "are being displayed" has more possible meanings.
It could mean the same as "are displayed" (a state).
It could also mean that people are putting the items out on display right now.
It could also imply that the items will only be on display for a limited time.
In the last case, there would usually be further information given,
such as "for the month of November".


受動態進行形は一時的というニュアンスを表すと言っても、
Part1の写真からだけでは、
それが一時的なのかどうかはわからない。

と、いうことはつまりPart1の同じ写真の正解の選択肢として、

are displayed と
being displayed

はどちらもあり得る。

また、being displayedがstate(状態)を表すことも、
action(行為)を表すこともあり得る。

似たような意味でもarrangeやline upはactionだけで、
stateはない。

“xxx are being arranged” and “xxx are being lined up” only mean action, not a state.
Once they arranged or lined up, the action is finished.

(その2に続く)

追記: Part1に出て来る語彙で、他にもこのパターンで行ける動詞はないか考えてみたのですが、

casting shadows →  Shadows are being casted
occupy → being occupied
surround → being surrounded

も、たぶん行けるんじゃない? 
確認してみます。






カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(0)

宴会はいつもballroomで?

 2016-07-26
現代巨大寺子屋(←大学)で教えているときに出た質問

学: 宴会はいつもballroomでするんですか?
101: そういうことは多いですけれども、
    別にballroomでなければいけないというわけではないですよね。
    restaurantとかでもよいわけだし。

学: そもそもballroomって何なんですか?

101: ball danceというのが、社交ダンスなんですよ。
    だから、もともとはball dance 踊る部屋がballroom。 
    ballって投げるballのことではないですからね。

学: でも、スペル同じですよね。

と、いうわけで。調べましょう!

The word "ball" derives from the Latin word ballare, meaning "to dance";
the Latin word also developed into French baller—
from where it swapped into languages like English or German—,
and bailar, the Spanish and Portuguese verbs for "to dance"

ふむふむ。つまり、ラテン語のballare「踊る」と言う語から来ているのね。

きっと、ballet「バレエ」もここから来ているんでしょうね。

一方、球技で使うボールは、

中英語の bal (ball-e, -es と変化する)から来たものであり、
そのもとは古ノルド語の böllr
(古いスウェーデン語の baller や現代のスウェーデン語 boll の原形)や、
ゲルマン祖語の ballu-z (中高ドイツ語の bal, ball-es、中世オランダ語の bal の原形)であり、
古高ドイツ語の ballo やpallo、ballâ (ゲルマン祖語の *ballon や *ballôn から来ている)
と語源を同じくする。
もし、ball- がゲルマン語由来の言葉であれば、
その語源はラテン語の foll-is (膨らませるもの)と同じである可能性がある。

つまりは、ラテン語のfoll-is「膨らませるもの」から来ているらしいということね。

この二つの語を別々の語として扱っている辞書もあるし、
同じ語の別の意味として扱っている辞書もありますが、
ラテン語の別の語が語源で、
たまたま現代英語では同じスペリングになった

ということで、一件落着~

    













    

カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(0)

ロウカについて考えてみた (-"-)

 2016-07-04
今回考えたのは、”老化”ではありません。”廊下”です。
学習会の中で話題になった corridorという単語
知らなかった~!という感想多数でしたが、そこで参加者の一人が

昔、山下達郎の歌に「風の回廊コリドー」という歌があって

と言うと、ある一定の年齢層の参加者から、

あ~そうそう、あった、あったね~

みたいな反応。
しばし、青春プレイバック。
でも、日本語で「回廊」と言われてもピンと来ないという声も。

(回廊と言えば、昔、旅行代理店で、
観光ガイドブックの翻訳のアルバイトをした時に、
”skywalk”を「スカイウォーク」と訳したら、
「そんなんじゃ、読者にわからないだろう!」
と怒られたので、
「じゃ、何て訳せばよいのですか?」と聞いてみたところ、
「... 空中回廊だ!」
と言われ

いや、「空中回廊」のほうがわからないと思う

という言葉を飲み込んで、命令通りに直したことがあった。)

101は、Part1の写真からcorridorという単語を学んだので、
立派な柱がたくさんの広い廊下のイメージ

コリドー2

こんな感じかな。
だとすると、廊下でも3LDKのマンションの2メートルの廊下は
corridorとは言わないんだろうな。

定義に

(建物の内部の)〔通例、部屋の出入り口を幾つも面しているものを指す。〕

とあったし。

他に「廊下」で辞書を引くと出てくるのは

gallery《建築》(建物の中の) 
hall〈米〉

日本語のギャラリーとかホールには廊下というイメージはない気がする。

hall way 

二語で離してもよいのね。

hallway〈米〉

個人的には、これが廊下というと最初に思い浮かぶ。

passage(建物の)
passage way
passageway(建物の)
passageway〈英・豪・NZ〉 

ふ~ん。アメリカ以外ではこれも「廊下」という語らしい。

で、

aisle はどうよ。

これは、あくまで飛行機とか劇場の「通路」という意味であって
「廊下」とは違うらしい。

でもhallwayは廊下とも通路とも訳されるから、
そこら辺がconfusing. (←日本語が変です。スミマセン。)

心には、つむじ風の
扉につづく、コリド~


    





カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(2)

respectについて考えてみた。(-"-)

 2016-07-02
respectという言葉は形容詞も副詞もたくさんあるな~
よし、一度整理してみよう!

respected 評判の高い、立派な

これは、respect「尊敬する」
が受け身になって尊敬されているという状態ね。

respectful 礼儀正しい、丁寧な

respected personだと、そのpersonがrespectされているけれども、
respectful personだとそのpersonが他の人にrespectを示す感じかな。
polite的な?

respectable 

これだと、社会の基準に照らし合わせてその人はrespectすることができる基準に達している感じかな。社会的にacceptable的な。

でも、respectable schoolteacher「立派な学校教師」 とか言うと、
respectedとの意味の違いが、よくわからなくなってくる。
respectedのほうが、崇拝されている感じで、
respectableのほうが「よく頑張っているな。偉いよ」みたいなニュアンス?

respective それぞれの、各自の、めいめいの

これは、全然違う意味。 each的な。

で、副詞。

respectably 立派に、上品に、かなり
respectfully 恭しく、慎んで、丁重に
respectively それぞれ、めいめいに


あ~疲れた。少しは知識整理できたかな。

    



カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(0)

toについて考えてみた (-"-)

 2016-05-21
先週学校で、

例:XXX Motor Company has demonstrated its commitment to ------- its efficiency

という問題を教えた。
答えはincreasing (動名詞)なので、
「commitment toのtoはto 不定詞のtoではなく、
前置詞のtoなんですね。
前置詞の後ですから名詞的なもの、
つまり動名詞が来ます。」
という、型通りの説明をしたのだが、授業後に
「何で後ろが原形じゃいけないんですか。
私、納得が行かなかったんですけど。」
と聞いてきた学生がいた。

こういう表面的な説明で納得できないというのは、
101と同じ人種だな、嬉しいなと思ったので、
もうちょっと深く考えてみることにした。
で、作成したのが、以下の資料。

******************

前置詞のtoとto不定詞のto

1. toには、前置詞のtoとto不定詞(to+動詞の原形)がある。

 前置詞の場合はto+名詞(相当語句)

A) I went to Shinjuku.  私は新宿に行った。
B) I don’t have any objection to building a school. 学校を建てることに反対はない。

 to不定詞の場合はto+動詞

C) 名詞的用法 I like to drink coffee. コーヒーを飲むことが好きです。
D) 形容詞的用法 Give me something to drink. 何か飲むためのものをください。

副詞的用法

E) (目的)He went to the café to drink coffee. コーヒーを飲むためにカフェに行った。
F) (理由)I am glad to see you. お会いできたので嬉しいです。
G) (結果)I looked up to see him smiling. 見上げたら彼が笑っているのが見えた。

2. では、toの後が空欄になっていて、選択肢に動詞と名詞がある場合どのようにして見分けるのか?

例:XXX Motor Company has demonstrated its commitment to ------- its efficiency

選択肢 increasing (動名詞)
increase (動詞の原形)

① 形から判断できるか?

空欄の前後を見ると 名詞+to+-------+目的語になる名詞

上記の
B)であれば動名詞 
E)であれば動詞の原形が来るはず。→形からは判断できない。

② 意味から判断できるか。

上記の
B)であれば「効率を増すという決意を示した」意味的に自然。
E)であれば「効率を増すために決意を示した」意味的に不自然。
 (決意を示すだけで会社の効率が増すわけではない)

別の例
I don’t have any objection to building a school.  学校を建てることに反対はない。意味○
I don’t have any objection to build a school. 学校を建てるために反対はない。意味?

意味から判断するのも、できなくはないが微妙。

3. 結局は、前置詞to+~ingを取る語句を覚えてしまうのが早い。

look forward 「~するのを楽しみにしている」
commit, commitment, 「~する決意(をしている)」
object, objection, oppose, opposition, 「~するのに反対(する)」
be used to, be accustomed to 「~するのに慣れている」

******************

と、ここまでが資料。

でも...実は私自身納得が行かないんですよね。
だって、

commitment/commit + to + 動詞

の例はいくつもある。
以下は某オンライン辞書より

committed to be clear about 《be ~》~について明確にすることに尽力する
commitment to defend one's own country ~自分の国を守る決意
vendors who have already committed to support Apple's TrueType
アップル社の「TrueType」をすでに全面的にサポートしているベンダー
make a commitment to get ~ done by the next meeting
次の会議[会合・ミーティング]までに~を済ませる[片付ける・終わらせる]と約束[確約]する
reaffirm one's commitment to work together to 共同で~するという決意を再確認する

規則性はなさそうだし、例外と言うには多すぎるし...

TOEICに関してはcommit/commitment~ingでOKだが、
実際にはcommit/commitment+ to 原形動詞もあり得る。

という中途半端な教え方しかないのでしょうか。

皆さまどう思われます?

     



カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(0)

as much as について、できるだけ考えてみた。(-"-)

 2016-03-30
公式実践RC1000 Test 03 125番

Employees are reminded to print only as much as is needed so as to avoid wasting paper.

☆ so as to ~するために、~となるように


「printの後ろに“印刷物”, is neededの前に‟印刷物“という名詞が省略されているのだと考えれば、意味は通りますね~」

と、授業では説明してみたものの、自分でもどうもすっきりしない。 
(英文解釈のアプローチとしてはそれで悪くないとは思いますが。)

そこで、

as much asについてas much as調べてみた。

多数決で決めようというわけではないが、
回りの英語の達人にご意見を聞いてみた
:大学英語教員二名、有名TOEIC本著者一名、ネイティブスピーカー二人。

結論から言ってしまうと、

「この文章は、文法的に説明するのはかなり難しい」"(-""-)"

ということだった。

説1
asは関係代名詞的に用いられる接続詞
ということは、muchは先行詞となる不定数量名詞かな?

説2
print 自動詞
as much 副詞
as (従属)接続詞...かもね。

① Do as much as it is possible for you
② Do as much as is possible 
③ Do as much as possible 


この三つは意味は同じでどれもOK

① Print as much as it is needed 
② Print as much as is needed 
③ Print as much as needed 

この場合は③ではなく、②のように isが入っていたほうが、受動態だということが よくわかってよい。

説3 
"Print as much (paper) as (it) is needed (for you to do so).
と、much とas の後に目的語と主語が省略されていると考える。

101の授業中に行った説明と同じですね。

説4
printは自動詞で、to print「印刷すること」と、to 不定詞の名詞用法として考える。is の主語にあたるto printはコンテクストから推測できるので省略されているのでは?

説5=意見 
これは文法にあてはまらない。文法的に説明しようとするのは意味がない!



101の結論

こんな風に主語が推測できる場合、
主語が省略されてbe動詞は省略されないということもある
ということを受け入れておこう。 


  
カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(0)

encourage とは相手に勇気を入れること

 2016-03-28
今朝のTOEIQUIZ encourageの en とはどういう意味?の答えは、

「中に」

だ。 

励ますとは、相手の中にcourage「勇気」を入れること。

encourage=「励ます」とだけ覚えていたのに、
ある日その成り立ちに気が付いた。

自分はそんな気持ちで相手を励ましていただろうか。

「大丈夫」
「できるよ」
「頑張って」

挨拶がわりのGood Luckと同じような気持ちで言っていなかっただろうか。
勧めたりアドバイスをすることと混同していなかっただろうか。
相手よりも上に立った気持ちでなかっただろうか。

事に立ち向かおうとする相手の不安に共感しつつも、
相手がそのことを成し遂げられる能力を信じ、
相手の成功を心から祈る


「勇気を入れる」とは、そういうことだろうか。
カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(0)

extremelyについてもっと考えてみた(-"-) 

 2016-03-19
武蔵野TOEIC勉強会のTwitterで出題しているTOEIQUIZ 2016/3/15 で、

Q: T君はTOEICを毎日11時間、2週間に渡って勉強しました。(ほぼ実話)これを

T studied extremely for the TOEIC test

と言えるでしょうか。

A: extremelyは形容詞、副詞は修飾するが、動詞は修飾しない副詞だから。
そういうわけで、副詞の語彙問題の間違いの選択肢として登場します。

と書いた話について。

まず、勿論 副詞の語彙問題の選択肢としてextremelyがあったからと言って、
必ずしも不正解の選択肢というわけではありません。

あくまで、動詞を修飾する副詞を選ぶ問題であった場合においての話です。

基本的には、extremelyはveryと同じで、形容詞、副詞、形容詞化した分詞を修飾しても、動詞は直接修飾しないとされています。

veryは副詞ですが、例えば一生懸命勉強したからと言って、

  *I studied very. *I very studied.


とは言いませんよね。extremelyも同じだと。

しかし、extremelyが絶対に動詞を修飾しないかというとそうでもないらしく、

It pains me extremely to have to tell you this.
あなたにこれを告げなければならないとは実につらいことです.
  
という動詞修飾の例がみられる辞書もあります。それでも、動詞を修飾することは“まれ”ではあるようです。

で、結局TOEIC的には動詞修飾OKなの?という質問にお答えするべく、
公式問題でどう扱われているか調べてみました!


Because of their extremely focused customer bases, small business owners can often respond quickly to new economic trends.

形容詞化した分詞を修飾

Antique cars are seen very infrequently these days because they are extremely expensive to maintain.

形容詞を修飾

In Mr. Brother’s performance review, the department supervisor wrote that he worked extremely diligently and always finished his assignments on time.

副詞を修飾

I am an extremely organized and conscientious individual who adapts quickly to new challenges and responsibilities.

形容詞化した分詞を修飾

Ms. Chu was extremely happy to receive the award for outstanding sales performance.

形容詞を修飾

As I mentioned last week, I am extremely impressed with the case work that has been done by you and your partners in the field, and I regret I will not be able to join your team.

形容詞化した分詞を修飾

The energy commission has suggested that constructing roots in a lighter, more reflective color will _____ reduce the amount of heat in urban areas.

significantly
extremely
utterly
countlessly

extremelyが動詞を修飾する副詞の間違いの選択肢として登場


Ms. Anderson is extremely knowledgeable in the fields of international and financial law, and we feel very fortune to have her with us.

形容詞を修飾

For optional performance of your Rydor clothes dryer, clean the filter _____.

extremely
regularly
deeply
heavily

extremelyが動詞を修飾する副詞の間違いの選択肢として登場


Your feedback is extremely important to us as it helps ensure we are meeting our goals of exceptional hospitality and unequalled service.

形容詞を修飾

The Cedarport city council has been extremely helpful since the first day the center was proposed.

形容詞を修飾


Plumvile Library ---- announces the launch of a brand-new Web site.
extremely
proudly
distantly
previously

extremelyが動詞を修飾する副詞の間違いの選択肢として登場

と、いうわけで、TOEIC的には、extremelyは辞書の定義のように、

形容詞、副詞、形容詞化した分詞を修飾しても、動詞は直接修飾しない

という範囲内にとどまっており、動詞を修飾する副詞の選択肢として登場した場合は、
不正解の選択肢であると言えそうです。

ただ、言葉は生き物ですので、現在の誤りとされている用法が
将来は正しい英語として受け入れられるようになるということはありえます。
私はETS制作のテストと人生の半分以上お付き合いして来ましたが、
以前は間違った使い方とされたものが、
時代の流れとともに、世間で受け入れられるようになり、
その語法を問う問題がTOEIC, TOEFLで出題されなくなったという例をみてきました。

今後もextremelyの使われ方に注目して行きたいと思います。

カテゴリ :文法 語法 語彙 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫