E君の悟り

 2016-08-26
E君は仕事で教えているTOEICクラスの学生の一人だ。

やっぱり、英語何とかしたいなと思って

と、選択で取れるTOEICのクラスに四年生になって来てくれた。
社会人学生で、奥様もいらっしゃる立派な大人なのだから、
「E君」ではなく、「Eさん」と呼ぶべきなのかもしれない。
でも、「自分でもまさかと思った」という、
会社の制度を利用しての大学生活を心から楽しんでいる様子の彼には、
他の学生と同じに、「E君」と呼びかけるほうが、しっくりくる。

ある日、授業後の教室でE君が言った。

センセ、思ったんですけど、
TOEICで、短期間で、スコアが何百点もアップしたっていうのは、
元々、ある程度英語が得意な人の話であって、
オレなんかみたいに、高校時代も英語とかあんまり勉強していなくて、
社会人になって、もう英語なんてほとんど覚えていないという人は、
覚悟決めて、三年計画くらいで基礎から勉強しなおさなきゃだめなんですよね。

ニコニコとしながらさりげなく発せられたこの言葉、
私に取っては「王様は裸だ!」くらいのインパクトがあった。

そう。それが真実。厳しいけれど。
TOEIC対策本も、雑誌のTOEIC特集記事も、TOEICスクール受講生の声も、
「短期間で大幅スコアアップ!」「3か月で目標スコアが達成できます!」
などという威勢の良い言葉であふれているけれど。
それは、英語の基礎力がある人の話であって、
中学高校時代も英語が不得意で、学校教育から離れて久しく、
中学英語もほとんど覚えていないという状態の人は
覚悟を決めて、一から勉強しなおすしかない。

「今さら?」
「どうせ無理」
「面倒」
「何のために?」
プライドが、不安が、怠惰心が、言い訳が邪魔をする。
付け焼刃のスキル、
わからないことだらけの公式問題集、
とりあえず受ける公開テスト、
伸びないスコア

もし、そんな状況から抜け出られそうにないというのであれば、
E君のように、素直な気持ちになって、
事実を受け入れ覚悟を決めれば、
少なくとも正しい道へのスタート地点に立てる。

一度空っぽになってみよう。
それから、自分の経験や知識で使えるものはあるのか、
自分の長所や、環境をどう生かせるのか、
あらためて考えてみよう。
そして、おおよそのプランを立てたら、
TOEICの長い旅への一歩を踏み出そう。

きっと素晴らしい旅になるから、ね。

    

* 発言掲載は、事前に御本人の承諾を得ています。



カテゴリ :challenger (初級者)応援 トラックバック(-) コメント(3)
コメント
E君、まるで20年前の私みたいです。
大人のやり直し英語を始めるぞ!と、そのときのチカラ試しのつもりで受けた初TOEICは、大半の問題を理解できずに適当に塗り絵して300点台の前半。
そこから長い道のりを経て、今はようやく、700点を超えるようになりました。

最初のうちは、大人用の教材本だけでなくて、学参のほうで売ってる中学生向けのドリルなども積極的に利用したし、3級から2級までの英検にも挑戦しました。
英検3級の試験会場は10才くらいの子どもばかりで恥ずかしかったけど、それも良い経験でした。
TOEIC Bridgeで上位5%以内のスコアが取れるようなったときには、ささやかな達成感と自信のようなものが持てて、これからも頑張るぞ!と思えました。

結局は、急がば回れ、が最善の方法だと思ってます。
若い頃に英語をそれなりに勉強した経験がないなら、TOEIC教材にこだわらず、もっとやさしい素材を使って、段階を追って基礎固めをしながら、少しずつ「できる! わかる!」といった自信をつけていくのが、モチベーションの維持になるし、TOEICのスコアアップにもつながる方法だと私は実感しています。
(そこから先が、これまた遠い道のりではありますが(^^;)
【2016/08/27 11:02】 | Andie #6/34PU6. | [edit]
記事に共感していただけて嬉しいです。そして素晴らしい体験談のシェア、ありがとうございます。そういう地道な努力で長いことかけてスコアアップしていった方の体験談にもっとスポットが当てられるべきだと思っています。コメントの部分では気が付かない人もいますから、記事に引用してもよいでしょうか。
【2016/08/27 13:17】 | 101 (ワンノーワン) #- | [edit]
こちらこそ、おおっぴらに紹介していただけるとうれしいです。
ネットではあまり見かけない意見ですが、私的には、大人の初心者だったら、TOEIC問題にこだわらず、実際に受験する・しないは別にしても、英検問題に取り組むのは大いに有りだと思ってます。
【2016/08/27 17:53】 | Andie #6/34PU6. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫