素朴な疑問(?_?)

 2016-03-26
TOEIC用のブログとTwitterを開設してから、
他からのTOEIC情報が
以前にも増して入ってくるようになった。

週末毎の各種セミナー、イベント、勉強会。
TOEIC界は他のどのテストにも増して華やかだ。
TOEICに対して、いろいろ批判はあるけれど、
英語のテストでこんなに盛り上がれる
日本は平和だと思う。

自分でもそういうTOEIC関係のイベントや
勉強会に参加することもあるが、
いつも不思議に思うこと:

参加者のスコアが妙に高い

800、900は当たり前。990ホルダーだって、
石投げれば当たるほどいる。

参加者の皆さんが十分大人

中心は40、50代くらいかな。そして、

仕事上TOEICは必要ない
という人がたくさんいる


でも、待てよ。
900点以上は確か上位3%くらいで、
一番多いのは平均点前後の
400~600点くらいであるはず。
TOEICスコアが必要なのは、
就職、進学、昇進などがかかっている
大学生や20~30代の人が多いはず。

本当にTOEICを勉強しなければならない
このボリュームゾーンの人たちが
勉強会に来ないのは
なぜなんだろう?

カテゴリ :101のひとり言 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫