幸せの threshold

 2016-09-02
先日まで、セミだった夜の音が、
今はスズムシ。
6、7、8月と三か月
夏の続く欧米とは違い、
日本の夏は梅雨が明けてからの
ほんの数週間で終わってしまう。

ところで、101がこの夏休みに
したことは何でしょう?

ヒント:TOEIC人(TOEICのテストに登場する人)が、
Part3、Part4か、Part7の最初の方で
時々話題にすること。

答えは、歯医者の定期健診

いや~、楽しかった。
冷房除けのフリースをかけて
歯医者さんが来るのを横になって待っている、
この「何もしなくてよい」というリラックス感。
で、さらに今回は小さなテレビに
オリンピックの様子が映っているのまで見られて、
テレビを所有していない101に取っては、

あ~、歯医者さん、どうかまだ来ないで。

と、思うほど至福の時だった。
でも、そう思った次の瞬間、

幸せの threshold ヒクッ!

と、心の中で笑ってしまった。

時間的に経済的に贅沢をすれば、
いつかそれに慣れてしまい、
幸せのthresholdは高くなる。
シンプルで質素な生活をしていれば、
小さなことにも喜びを感じられて
幸せのthresholdは低くなる。
物質的な‟幸せ”の量の違いほど、
感じられる‟幸せ”の量は違わないんじゃないかな。

   

今朝の幸せは
地元の米粉を使った
パン屋さんで買ったパン。

IMG_0061.jpg

小さくても、ずしりと重い食パンに
チーズとアボカドを乗せて食べると
う~ん天国

そういう小さなできごとでも、十分幸せ。

それでは、神様、みなさま、今日もありがとう。
おやすみなさい。

   



カテゴリ :101のひとり言 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫