Bridgeを受けたほうがいいんでしょうか

 2016-09-06

TOEIC Bridgeを受けたほうが
いいんでしょうか?


と、いう質問が、日曜の学習会で出た。
少し前の、旅のはじまりと、りんごの一かけ
記事を読んでくださってのことだと思う。

その方に関しては、

う~ん、受ける必要はないと思う。

と、お答えした。

その方は、

二度目の受験では、
初回よりも大きくスコアを伸ばしていること、
勉強すること、努力することが
苦ではないタイプの方そうであること、
上記二つの理由から、
今非常に勢いがあり、
次のTOEIC受験で、
TOEIC Bridgeの域を
突破してしまうのではないか

と思ったからだ。

勿論、Bridgeの問題を練習として
行ってみるのはよいとは思うが、
こういう方は、
Bridgeを受験するほどの
ことはないと思う。

TOEIC Bridge®と
TOEIC®テストのスコア比較表によると、
ブリッジの160点が、
TOEIC®の570点くらいとなっていて、
それ以上の点数については、
書かれていない。
と、いうことは、
TOEICが500後半に達すれば、
もう、TOEIC Bridgeではなく、
TOEICの学習でOKということだ。

Bridgeから学習していただきたいのは、
スコア500くらいまでで
伸び悩んでいる方達だ。
ハイスコアラーだらけの
TOEICerコミュニティーの中にいると、
そういうロースコアの方が
たくさんいらっしゃることが、
実感できないかもしれないが、
2016年の 

TOEIC DATA ANALYSIS

によれば、
日本人の、IPの全体平均は、462点だ。
学生を除いて、企業、団体だけの
平均にしても、484点と、
500点にも満たない。
Bridgeからはじめようというのは、
この、日本人TOEIC受験者の
50%以上を占める
500点未満の方々に対する提案だ。

TOEICを受験しても、
挫折感しか感じないと思ったら、
無理をしないで、
TOEIC Bridgeから、はじめよう!
急がば回れですよ、ね。


    




カテゴリ :challenger (初級者)応援 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫