言葉は生き物

 2016-10-04
ライザップの記事の後、
イケメン付箋を増員して、
執事も加えてみた。
しかし、この付箋に何か書くと、

気分はお嬢様

ではなく、むしろ

気分は執事の下で働く女中(-_-;)。

IMG_0074.jpg

はい、はい、
ちゃんと出して来ましたよ。
券も貼って。


    

ところで、(←上の話と何の脈略もないですが)
今日辞書を引いていたら

like 【動】いいね!する
unlike 【動】いいね!を取り消す
 

と載っていた。
さすがオンライン辞書。
時代の変化についていくのが速い。
like/unlikeが動作動詞というのも
新しい英語なのだろうが、
それに対する訳語の
「いいね!する」「いいね!を取り消す」
も新しい日本語だ。
ここで、

「いいねする」なんて、
正しい日本語ではない!


と主張する気は毛頭ない。
言葉は生き物だから。
何が正しいかは時とともに変化する。

大学のLinguisticsのクラスでそう教わった時、
昔の英語と今の英語が
どれほど違うかという比較をした。
母国語である日本語だと、
古典の授業とかで
ある程度、昔の日本語にも
触れてしまっているので、
同じことをしてみても、
驚きは少ないかもしれない。

外国語として、文法、語法という
ルールを通して勉強した英語が
100年前、200年前は
そのルールが違っていたというのは
新鮮な驚きだった。
今の英語は昔の基準では
「間違った英語」なのだ。

でも、今の英語は今は正しい。
言葉は、コミュニケーション
する人たちの間で自然発生的に
できるものだから、
その人たちの生活が変われば、
言葉も自然に変わる。

間違った日本語を聞かされて、
苦痛を受けたという理由で
NHKを訴えたという
老人の話を以前ニュースで聞いたが、
きっとそのおじいさんの日本語も、
200年前の基準では間違った日本語だろう。

TOEICやTOEFLのような
ETS製作のTESTでさえも、
20年前は文法、語法として
間違いとされていたものが、
今は世間的に受け入れられる
ようになったため、
出題されなくなったものもある。
そんな短い間にも変化は起こる。

言葉の何が「誤用」で
何か「進化」なのかを見極め、
進化に関しては柔軟に
受け入れていきたい。
進化を受け入れられなくなった時、
人も組織も滅びると思うから。

    





カテゴリ :101のひとり言 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫