愛について

 2016-10-28
今日のタイトルは、秋にふさわしく、

愛について

なんだ、なんだ、
この学習会ブログに
似つかわしくないタイトルは!

昨日ある方が
著者に話しかけられるタイプの
参考書が苦手だと
ツイートしていたのですが、
実は101も、
語りかけ口調の参考書は苦手。
そこで、

私もです。だから、
コウビルド英英とか、苦手です。
辞書なのに、
話しかけないで欲しい。"(-""-)"


と、返歌をしてみました。

すると、

今時のコウビルド、
話しかけてくるんですかっ!!!(驚)


という反応。

ええ、SiriとかCortanaみたいにね。

て、そんなことはありません。
でも、コウビルドって
独特の文体があるではないですか。
例えばloveという言葉を引いてみましょう。

love (verb)
If you love someone,
you feel romantically
or sexually attracted to them,
and they are very important to you.
You say that you love someone
when their happiness
is very important to you,
so that you behave in a kind
and caring way towards them.

何だか、牧師さんに
説教されているような気が...
語りかけ口調で、癒されるのですが、
結局言葉の定義が頭に残らない。

まあ、あくまで、
個人の感想です。はい。(-"-)

ところで、初心者の皆さま、
このloveは上記のような意味で使う時は、
状態動詞ですので、
進行形にはしません。
これを日本語の

愛しています。

から考えて、

「愛して」はloveだな、
で、「しています」だから進行形だ。


と、してしまうと愛は愛でも
愛の行為えすいーえっくすに
なってしまいます。

じゃあ、マクドナルドの
I'm loving it はどうなのよ?


これは、

私は今、マクドナルドの
製品を楽しんで食べています。


という意味ですが、
もともと上記のような
状態動詞と行為動詞の
基本的な意味があるからこそ、
面白いキャッチコピーなのでしょうね。

    


カテゴリ :101のひとり言 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫