マークシートシャーペンについて その2 (-"-)

 2016-12-02
前記事からの続きです。

In order to switch attention from one task to another,
the brain must use its working memory.
This is the brain's ability to temporarily hold information
while it does something else.
When you multitask, you leave a task
that is not finished.
It is as if you are reading a book
and your brain puts in a bookmark
when you leave the task.
The first task is stored in your working memory
Your brain goes to the second task,
but when it returns to the first task,
it must restart the task, using working memory.


う~ん、ということは、
TOEICで素晴らしい
パフォーマンスをするには、
英語力と同時に
素晴らしい
ワーキングメモリーも求められる
ということのようです。

Because working memory declines with age,
older people do not multitask as well as
teenagers and young adults.

う~ん、これが本当だとすると
やはりTOEICは年齢とともに
よりチャレンジングに
なって行くということでしょうか。
でも、逆に言えば、
TOEICでワーキングメモリーを鍛えて
老化防止できるという
可能性もあるのでしょうか?

ま、みんなで人体実験
してみるしかないでしょう。


     

カテゴリ :101のひとり言 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫