冬至ですね。

 2016-12-21
さて、みなさん、今日は冬至です。
それでは、101さんと一緒に
冬至(the winter solstice)
についてお勉強しましょう。

冬至の柚子湯は、
運気上昇のための仕来たり
日本や中国では古くから、
この日を境に太陽の力が甦ってくることから
一陽来復と言い、運気上昇のラッキーデーと
しています。

                   
運気上昇のラッキーデーですって!
TOEICには、時には運も必要。
TOEICerの皆さまも、
冬至はworth celebratingです。

また 「運盛り」といい、
この日に南瓜なんきん、にんじん、
だいこん、など 〝ん〟 のつくものを
食べると運が呼び込めると言われています。


と~いっく

あれ? ダメだ。〝ん〟がつかない... 

わんの~わん

おお、二個も〝ん〟が付く。
何て、縁起のいい名前!

あ、だったらこれどうよ。

ワンタンメン

3つも〝ん〟が付くし、
食べられるし。

冬至に柚子湯に入るのは、
こうした運を呼び込む前に体を清め、
厄払いするための楔(みそぎ)と
考えられています。


なるほど。お風呂はみそぎなのね。
神聖な儀式の気がしてきた。

柚子=融通がきく、冬至
=湯治、という語呂合わせで無病息災を願い
「冬至に柚子湯」となったようです。


そんなダジャレのような理由があったとは
知りませんでした。

柚子を丸ごと湯船に浮かべる場合は多めに。

画像検索すると出てくるような、
丸ごとの柚子が何十個も
浮かんでいるような大きなお風呂に、
入ってみるのが夢です。

柚子湯に入りながら「一陽来復」と唱える
と、さらに運気を強く呼び込むことができる。


luckを呼び込む呪文まであったとは。
今日だけは、

チョムスタヌン ハッカーズ

でなく、

イチヨウライフク♡ 
TOEIC満点♡


と唱えようっと。

単語の意味確認:

一陽来復とは、冬が終わり、春が訪れること。
また、不遇のときが続いた後、幸運に向かっていくこと。

みなさまのスコアに春が訪れますように。

     


カテゴリ :101のひとり言 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫