トイレと Fire Fighter

 2017-01-28
武蔵野プレイス内のお気に入りのスポットの一つは
女子トイレの一番奥の個室

IMG_0116[1]

一面全部がガラス張りの広々とした個室は
自然光で明るい。
(あ、勿論、曇りガラスです。)

座って見上げるとこんな感じ。
IMG_0121[1]

そう、ここは、いざという時に消防士さんが
バリーンとガラスを破って助けに来てくれる
入り口でもある。
IMG_0123[1]

今日はそんな消防士さんのお話し。

         

101が現代巨大寺子屋で教えている
TOEICではない指定教科書に
Fire Firghterについて書かれている章がある。

When faced with a life-threatening situation,
like being inside a burning building, human instinct
is to run away to avoid being hurt or killed.
There are, however, exceptions to every rule.
We recently spoke with a man whose job is
to run towards danger, straight into buildings
filled with flames, smoke, and explosive substances.

と始まり、その職務や、どうしたらなれるか、
などが続き、勿論危険はあるが、
他者を助け感謝されるというのは、
highly rewardingなのである
と結ばれていた。

う~ん、でもいくらhighly rewardingでも、
そんな危険な状況で、fight or flightの二択だったら...
flightでしょう。
fire fighterさんだって、
本当は逃げたいけれど
仕事だから仕方ないと思って
向かって行くんだろうな。偉いな。


12月の25日に行ったMTTK模試会には、
fire fighterにして有名TOEICerの
tomoさんが参加してくださった。
それも、お住まいから武蔵野プレイスまでの
30KMを、いや、実際は道に迷ったりもして
それ以上の距離を走って来て、
その後10分の休みもなく、
難しいHackersのフル模試を解いたのだ。
もうここまで来ると、勉強というよりは、
体力、知力の限界を試すスポーツだ。

消防関係の仕事をしていますと
自己紹介をするtomoさんに、

101: 火、消しているんですか?

(fire fighterさんに向かって
馬鹿な質問だと思うかもしれないが、
tomoさんは、火を消す人ではないという話を
聞いたことがあったので、確認しただけ。)

tomo: いや、火は消していない。
でも、現場に戻りたいと思う。
だからいつでも現場に戻れるように
こうして体を鍛えている。


え?そうなの?ホントに?
仕事だから仕方なくではないの?


その1ミリの迷いもない言い方に、
1ミリの共感もできない自分。

101よ、おまえは、勇気と正義感の
かけらもないのか?


う~ん、う~ん、う~ん....
ゴメンナサイ!


これって、何なのかな。
男と女の違いなのかな。
消防士さんて、男の人ばかりだし。
人間の♂と♀と両方を育ててみたけれど、
男の子は消防車が好きだった。
消防車だけではなく、働く車は何でも好きだった。

ママ~!救急車だ。カッコいいね!
あ、うん。
乗ってみたいね。
いや、特には....

働く車なら、ごみ収集車だって好きだった。
ごみの車を見つけると息子が走っていく。
集積所で追いついて、作業員さんを見つめる
息子の脇で、「ご苦労様です」と頭をさげる
‟ごみ収集車の追っかけ”をしていた。

う~ん、それでも、わからない。

わからないながらも、
消防士さんに対する尊敬が増したので、
LOFTのイケメン付箋コレクションに
消防士さんを加えてみた。

火事に比べれば次元は低いが、
勇気のいることは、日常にもある。
それを消防士さん付箋に書くと、
ちょっと勇気が出るような....


IMG_0131 R



カテゴリ :101のひとり言 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫