シンデレラ TOEICer バージョン

 2017-02-25
102:そういえば、今日はTOEICerコミュニティー
最大のイベント英語部勉強会ですね。

103:101さんは行かないんですか?

101:行けない。着て行くドレスがない。

105:英語部勉強会って、
ドレス着て行くようなものなのですか?

101:だと思う。男性はタキシードで、
女性をエスコートしてレッドカーペットを歩く....

104:アカデミー賞授賞式じゃあるまいし。

103:エスコートくらい、我々分身がしますよ。
みんなで行けばいいじゃないですか。

101:...想像してみたんだけれど、
ただの団体客にしか見えない。

そういえば、ドレスがないで
思い出したんだけれど、
シンデレラTOEICerバージョンを
作ってみたんだ。聞いてくれる?

105:番長皿屋敷TOEICerバージョンで
褒められて調子に乗っていますね。

104:聞いてくれる?は疑問文の形をした
命令文であることはわかっていますから。

101:では行きます。

むかしむかしあるとろろに、シンデレラという
TOEICerの娘がいました。

103:「美しい娘」ですよね?

101:TOEICerバージョンだから、
そこはポイントではない。
まあ、多分、国際花子さん並みかな。

104:微妙....

101:幼い頃に母親を亡くしたシンデレラは、
父親が再婚した継母とその連れ子である2人の姉に
まるで召使いのように扱われていました。

シンデレラの住んでいる国には、
適齢期の王子様がいました。
ところが王子様は、お妃候補と
出会うためのパーティには行かず、
TOEIC勉強会や模試会にばかり行っていました。
そう、王子様はTOEICerだったのです。
見かねた王様が王子様に言いました。

王子よ、お前がTOEICにばかり夢中で、
身を固める気もなく、
国民の不満も高まっておる。
そんなにTOEICが好きならば、
TOEICerをお妃にすればよかろう。


嫁が、TOEICerか。そりゃ、わるうない。
Sounds good to me.


と、いうわけで、皇室主催の

お妃選びTOEIC公開テスト


が開かれることになりました。

それを聞いたシンデレラの継母は、
娘たちが高得点を取れるようにと
大量のTOEIC本を買い与え、
Essenceやすみれ塾などの
さまざまなTOEICスクールに行かせました。

その様子を見たシンデレラは、

私だってTOEICスクールに行って勉強したい。

と思いましたが、
高額な授業料を支払うことができません。

そうだ。お金がないなら、
自分で学習会を作って勉強すればいいんだわ。


シンデレラは、周りのネコや、ミミズ、
トラ達を誘って学習会を作り、
TOEIC勉強に励みました。

105:周りにトラって、
シンデレラはどこに
住んでいるんですか?

101:武蔵境です。(-“-)
この部分は、武蔵野TOEIC TESTの会
に来ればわかります。

いよいよお妃選び公開テストの日となりました。
姉たちは肩だしのleg bearing dressで
きれいに着飾って出かけていきました。
ユニクロと無印良品の服を着たシンデレラは
もちろん連れて行ってもらえず、それどころか、
留守の間に家中を掃除しておくように
命じられました。

104:ユニクロと無印良品て、
101さんみたいですね。

102:その恰好のまま、時々MTTKに
行っていますけれど、
やめたほうがいいですよね。

101:すまん。寒いのでつい。

シンデレラが悲しみに暮れ泣いていると、
妖精のおばあさんが現れました。
妖精のおばあさんは魔法を使い

美しいドレス、
公開テストの受験票、
マークシート用シャープペンシル
消しゴム、腕時計

を用意し、さらに

ダスキンの家事代行サービス

を頼んで、シンデレラが舞踏会に
行けるようにしてくれました。

シンデレラは大喜びで
公開テストへ向かおうとしましたが、
妖精のおばあさんから

3時1分を過ぎれば
全ての魔法が解けてしまうから
Readingの時間配分に注意して、
3時1分までには、
すべての問題を解答するように


と忠告されました。

忠告を守ると約束したシンデレラが
公開テストに到着すると、
シンデレラの気迫から出るオーラに
王子様は圧倒され、

テストの前にまずダンスでも

と、思わず誘ってしまいました。

踊りはじめたシンデレラに
王子様は、甘い声でささやきました。

王子:How long will it take
to fix the copy machine?

シンデ:About an hour.

王子:Whose glasses are these?
シンデ:They’re not mine.

王子:Do you want to fly to Sydney
or go by train?

シンデ:You know I don’t like flying.

王子様は公式LR Test1 Part2を
見事に受け答えするシンデレラの
虜になってしまいました。

その後に行われた公開テストで、
試験監督を行った王子様は、
シンデレラが高得点を取ってくれるように
願っていました。

the score of 900 or better is required

とお妃の求人広告に書いてしまったからです。

preferredくらいにしておけば良かったな。

王子様は後悔しましたが、
今更変更するわけにも行きません。

王子様の願いが通じたのか、
シンデレラは、いつになく快調に解答し、
試験終了時刻までに全問解答できました。

終了時刻になりました。
筆記用具を置いて、問題用紙を閉じてください。


あ、まずい。ユニクロと無印良品に戻ってしまう。

シンデレラは大急ぎで
公開テスト会場を後にしました。
シンデレラの名前も聞いていなかった王子様は
必死に後を追いましたが、
シンデレラは予想以上に逃げ足が速く、
あっという間に姿を消してしまいました。

残念がる王子様の目の前には、
シンデレラが握っていた
マークシート用シャープペンシル一本
だけが残されていました。

王子:シャーペンに残った指紋を鑑定して
何とか、割り出せないか。


家来104:毛髪も採取できました。

家来105:テストの前に食べていたバナナの
残りも発見しました。ここから唾液鑑定を...

家来102:あのお、そんなことしなくても、
受験票を回収しているのではないでしょうか。

一同:そうか、そうだった!


王子様は、受験票に記載されていた
住所に、シンデレラを迎えに行きました。

ピンポーン

このマークシート用シャープペンシルを使って、
公開テスでト990点を取った女性と結婚したい。


最初は姉たちが出て来て、
それは自分達だと言い張りましたが、
王子様は冷静に、
受験票の写真と顔を照らし合わせて

あなた方ではありません。
不正行為により、今後のご受験を
お断りします。


と言いました。

絶叫して、悔しがる姉たち。
シンデレラはその声を聞きつけて、
驚いて奥から出てきました。

王子様は、受験票の顔写真と
シンデレラを照らし合わせ
さらに写真付き身分証明書で
本人確認をし、

シンデレラ様ですね。


と、言って、黄緑のマーカーで
確認済みの線を引きました。

その後王子様とシンデレラは結婚し
幸せに暮らしましたとさ。

おしまい!

102~105:...

105:何かよくわからいですけれども、
めでたいですね。

101:気に入ってくれた?
他にも作っているんだけれど...

103:いや、もう今日はここらへんで、(-_-;)
(勘弁してください!)

102~105:おじゃましました~!

101:エーン、帰っちゃうの?
ま、仕事に戻るか。
休み時間長すぎです。すみません。
(土曜日だから、これくらい許されない?)

    


カテゴリ :TOEICerのためのお話し集 トラックバック(-) コメント(1)
コメント
ハッハッハッハッハ!!!!
ハーハハハハハハハ!!!
【2017/02/25 17:33】 | てすこ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫