第220回公開テストの夜に

 2017-05-21
暑いくらいの日差しの中、
第220回公開テストを受験して来ました。
Part1の最初がメモをしている
女性のフォームでした。
ツイッターで多くの皆さんが語っているのとは
違うフォームのような気がします。
大好きなマグノリアの花が
写っている写真があり、
ちょっと嬉しかったです。

Part1は内容的には特筆すべきことなし。
Part2は、新形式になってからの傾向である
距離感がある問題は結構出題されましたが、
その距離感パターンにも慣れたかな。

Part3は、一セットめから
読み方速いなと思いました。
途中、コピー用紙の値段を問う会話で
以前Readingに出て来て知らないと思った

ream 連 紙の数量単位 
(アメリカ) 500枚
(イギリス) 480枚

という語が聞き取れて
嬉しかったです。

意図問題で一問自信がないのが
ありましたが、てすこちゃんと
同じ答えを選んではいます。
(Design 気に入ったけれども
Tight Budgetでというもの。)

Part5は、30問の中に
either or と both A and B
が出て来て、最近にしては
めずらしいなと思いました。

わからなくて止まってしまったのは、
最後のほうの問題で、workforceを
褒めている問題。答えはわかったのですが、
workweekのおかげでとはどういうこと???
と、文の意味がわからず、何度か
読み直してしまいました。
結局文の意味は諦めて、
テスト後にてすこちゃんに聞きましたが、
てすこちゃんもあの文の意味は
よくわからなかったそうです。

workweek 週労働時間

めちゃくちゃ残業してくれた
君たちは素晴らしいworkforceだということ?
それじゃ、ブラック企業じゃない?


もし、この問題文の意味がすっきりわかった
という方がいらしたら教えてください。

Part6の一問め。仮定法過去完了が答え。
確かにコンテクストdependentなPart6ならば、

そうなるはずだったけれどもならなかった

という仮定法過去完了の問題は
出題しやすいですね。
Part5に分詞構文で文頭の
過去分詞を選ぶ問題がありましたが、
やはり、こういった文法の知識も
仕事ではしっかり教えていかなければ
だめだなと思いました。

Part7 MPの marine biologistの問題で

xx(都市名)で講演するのはいつですか?

で、表を見ればそのまま答えが書いてある
という、Reading100点台でもわかりそうな
問題があり、

本当にこんなに単純で良いのか?
何か引っ掛けがあるのではないか?

と怖くなって何度か問題を読み直し、
さらに全問解答後に余った時間で
もう一度全文読み直しました。
結局それで良かったようですが、
MPで単純事実を聞くのに
参照が表一か所だけというのは、
やめて欲しいと思いました。
疑った分、すごく時間をロスして
しまいましたので。

今日はReadingで、
最期のほうに答えの根拠となるところが
全然含まれていなために、
そこを読む前に解答が終了して
しまう問題がいくつかありました。
それでも一応全文読みましたが、
やっぱりそこには解答の根拠がなかったです。
これは、めずらしいですし、
問題の出来としてはどうよ?と
疑問に思いながら解いていました。

てすこちゃんとの答え合わせで
まったくの思い込みの勘違いで、
一問はミスしたことが判明。
ツイッターでもみなさんが今日の
リーディングはやさしかったと
言っているので、
この一問が命取りになったかも....

個人的にも鬼フォームでは
全然なかったと思います。
ETSは先月の結果で
少しは反省して難易度を
調節して来たのかな?

3月と同等の難易度ですかね。

ん?このパターンで行くと、
来月は再び鬼フォームか?

     

バラの季節ですね。
深大寺植物公園に行きたい。



カテゴリ :101のひとり言 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫