そして、ETS代理人の弁護士さんから更なる回答が来た。

 2016-04-14
お問い合わせ頂きました件につきまして以下のように回答させて頂きます。

1) 最初の御質問ですが、日本語の表現としては確かに御指摘のような疑問がでてくるものと思われます。「登録商標TOEIC®の名称使用と表示方法に関するガイドライン」(GUIDELINES FOR THE INFORMATIONAL USE OF THE TOEIC® TRADEMARK) において、団体名称、イベント名称、等の名称においてETSが著名登録商標TOEIC(ETSの独占排他権であり財産権であります)を第三者に使用を開放し、その使用を認めているのは、例えば、①「THE [COMPANY NAME] PREPARATION COURSE FOR THE TOEIC® TEST」、②「HOW TO PREPARE FOR THE TOEIC® TEST」、③「PREPARATION COURSE FOR THE TOEIC® TEST」といったような内容の名称においてであります。英語表記においてはすべて「----- FOR THE TOEIC® TEST」、「----- ON THE TOEIC® TEST」といったような表現においてであります。

英語表記ではすべてTHE TOEIC® TESTという表記になり、この場合登録商標「TOEIC」が形容的態様で使用されていることになります。日本語の場合冠詞、不定冠詞といったものがないため日本語表現ですと形容詞的表現か否か区別がつかなくなりますが、私どもがお願いしているのは単に名詞+名詞の連語としてではなく、先のガイドラインの制定の趣旨から日本語表現の場合も同様にお願いしているところであります。多くの異なった第三者を対象としていますのでガイドラインでは名称等においてはすべて「TOEIC® TEST(又はテスト)」という表記を含む内容でお願いしています。

私ども登録商標TOEICを御使用になるすべての会社・団体・その他の機関を把握することは困難ですので、他に正しくない使用をされるところがありましても、私どもの目が届いていないということでありますので御理解下さい。「SONY」はソニー株式会社の商標権であり独占排他権であり財産権であって、第三者は自由に使用することはできません。「TOEIC」も同様にETS所有の著名な独占排他権であり、財産権でありますので御理解頂きたいと思います。

目が届いていない?

2) 「ドメインネーム」との関係において私どもがお願いしているのは著名商標という「TOEIC」の普通名称化の防止ですので「toeic」という文字が入っていること自体好ましくありません。

3) 「TOEICer」という表現について

ETSとしては、膨大な財産的価値あるTOEICに只乗りした、また著名商標TOEICの財産的価値を希釈化したTOEICerという表現をETSは認めることはありません。この表現の使用の仕方いかんによっては法に抵触することになる場合が十分考えられます。

以上、ETSが登録商標のガイドラインを制定し、第三者の使用がガイドラインに則したものである限り、自社の財産権でありますTOEICを第三者に開放している趣旨を十分に御理解・配慮頂きたく思います。

御参考までにガイドラインを添付させて頂きます。

以上、宜しくお願い致します。

************************************

ご指示に従い、団体名、ブログアカウント名、ツイッターアカウント名、メールアドレス、ハンドルネームすべて改名、変更いたします。
手続き終了までしばらくかかりますが、お許しくださいませ。
また、頂きました情報は、TOEIC® Test の商標が正しく使われるようにするために
TOEIC® Test Communityの皆さまとシェアさせていただきます。
TOEIC® Test の商標が正しく使用されていないのは、私を含め皆さま悪気があるわけではなく、
単に正しい知識が与えられていないためだと思われるからです。
お忙しい中御回答頂き、まことにありがとうございました。


************************************

と、言うわけで今日からはTOEICer101ではなく、ただの101になりました。
ただ、正しい使用もどこまでという線引きは難しいですよね。
ブログのタイトルには勿論正しい記述を用いるべきでしょうが、
記事の中まで一々TOEIC®TESTと書くのは大変ですし、
それくらいは許されるのでしょうね。多分。
カテゴリ :TOEIC名称使用問題 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫