FC2ブログ

第222回公開テスト後の団欒 (-"-)

 2017-10-22
103: お、101さんお帰りなさい。

101: あ~、もう、長靴とレインコートで
公開テスト受けに行ったなんて初めて。

104: 暖かいお茶🍵でも入れましょうか?

101: あ~、ありがと~💗

105: で、どうだったんですか?公開テスト。

101: う~ん、Part1はクラシックな問題に
始まり、クラシックな問題に終わった。

Part2は、距離感のある問題は何問か
出たけれども、前回みたいに「その心は」
を考えるのが追い付かなくなって
振り落とされるようなことはなかった。

102: へえ。何かかえって
気持ち悪いですね。

101: うん。これはPart3から
ぐっと難化するかなと思って
身構えていたんだ。特に
選択肢が妙に短くて簡単なものは
速く読まれるのかなと覚悟していたら、
そうでもなかった。

105: ならば、Part4が激ムズとか?

101: 普通だったと思うな。
特に読み方早くなかったし。
今日は、マークミスしないように、
リスニングは一度マークしてから
全問見直ししてみた。

104: Readingは?

101: 最後にシングルパッセージを
残したので、2時半から大量に
問題を解かなければいけなかったのが
怖かったけれども、
結果的には8分余った。
いつもは3分以下しか余らないのに。

それで、Part6だけ見直ししてみた。

103: 今日は天使フォームだったんですね。
良かったですね。

102: そうとも言えないですよね。
天使フォームということは、
鬼アビメですから。

101: うん。990点取るという視点で
考えれば、これは厳しいフォームだと
思う。

105: Rは一ミスアウトで、Lも三ミスアウト
くらいということですか?

101: Rはそうだと思う。
Lはもっと厳しいということはあるのかな。

102: 結果が出るまでわかりませんね。

101: うん。まあ、いずれにしろ、
もっと速く読めるようになって、
Part6だけでなくて、Part5全部くらい
見直せるようにならなければだめだな
と思った。

103: 家賃、払えているといいですね。
この寒いのに、公園暮らしは
きついですから。

101: 祈ろう。
ごめん、今はそれしか言えない。

    


カテゴリ :101のひとり言 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫