コミュニティーTOEICについて考えさせられた。(-"-)

 2016-04-29
みかん星人さんの数日前のツイート

みんな何十人もの勉強会が満席になってすごいなあ。俺なんか最大8人の部屋が満席にならないんだから(苦笑)

を切ない気持ちで読んだ。
学習会を主宰して一か月の新参者の私だが、
このツイート、身につまされるものがある。

上記に続けて、主宰なさっている「松山TOEIC研究会」を
近々終わりにしようかと考えていらっしゃると発表。

解説資料はカラーコピーしてお配りしています。
勉強会ではなく、研究会というところに意思を込めてつけました。


ツイートの端々からは、みかん星人さんの研究会にかける情熱が感じられた。

リーダーに必要なものは情熱。
でも、リーダーに情熱があっても、
うまく行かないこともある。

タイミング、場所、ニーズ。
自分の力を超えたところにあるこれらの要素。
うまく合ったり、合わなかったり。
偶然なのか、運命なのか。

みかん星人さんのツイートに対するリプライで、
地方の方が、
「勉強会すらない」
「TOEICを知っている大人が何人いるか」
と嘆いていらした。

コミュニティーTOEICの輪を広げるために
地方には、武蔵野以上の苦労があることを知った。

     



カテゴリ :101のひとり言 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫