FC2ブログ

TOEIC流行語大賞特別賞ダブル受賞記念会見

 2017-12-27
-- Press Conference会場 --
(金屏風の前の白いクロスが
かけられたテーブルに着席する101)

司会: 101さん、この度は
TOEIC流行語大賞特別賞ダブル受賞
おめでとうございます。

101: ありがとうございます。
(一斉にたかれるフラッシュ)

司会: 101さん、どうですか、
今のお気持ちは。

101: この賞は私個人にではなく、
MTTKという会に対して頂いたもの
と認識しております。

会の主催者として、誇らしく、
光栄なことだと思っております。


司会: この喜びをどなたに
一番伝えたいですか。

101: MTTK会員の一人ひとりに。
ありがとうと伝えたいです。
(ウルッ)


司会: 101さん、ポッキー模試と、
かるた大会がどのようなものか
簡単に説明していただけますか。

101: ポッキー模試とは
11月11日の11 ポッキーの日に、
模試会参加者は


① 自分の好きな
ポッキーまたはプリッツを
持って来る。

② TOEIC模試を解く。

③ 持って来たポッキーを
シェアしながら、模試問題について
ディスカッションする。


というものです。

司会: かるた大会は?

101: かるた大会は、正式には

TOEIC® L&R TEST かるた大会


という名称で、
MTTKで学習してきた模試や、
私が作成した熟語のリストなどを
かるたを通じて復習するという
ものです。

今年も、2月4日に行う予定です。


司会:ご説明いただきありがとうございました。

ではみなさん、ここで、
TOEIC流行語大賞
発表の様子をVTRで、
ご覧にください。

TOEIC流行語大賞発表

司会: では、質問を受け付けますので、
質問のある方は挙手願います。
時間が限られていますので、
質問は一人一つまででお願いします。

記者A: 今回ポッキー模試は101さんが
ご自分でノミネートされたという
ことですが、大賞を狙っていたと
いうことでしょうか。

101: いえ、「ポッキー模試」は、
MTTKと あと、当会と懇意に
していただいている沖縄TOEIC チーム
でのみ行われたもので、
一般的な行事として定着している
わけではありませんので、
最初から、特別賞狙いでした。

記者B: 101さんは今回何故「ポッキー模試」
をエントリーなさったのですか。

101: ポッキー模試を実際に
行ってみて、楽しかったので、
この楽しい行事がもっと広まったら
良いなと思いまして。

グリコさん、若者だけでなくて、
大人だってポッキーの日を
祝いたいんですよ。

(会場 (笑))

記者C: かるた大会のほうは、
会員の方によってノミネートされて
いましたが、これは101さんのほうから、
そう依頼なさったのですか。

101: いいえ。今日発表があって、
ノミネートされていることを
初めて知りました。
驚きました。本当です。

記者D: 来年のTOEIC流行語大賞も
狙って行かれるのですか。

101: 賞を取ることは目的ではなく
結果です。来年も参加者が
Happyになれるような企画をして
行きたいと思っております。


司会: それでは、時間となりましたので、
記者会見は以上で終了させていただきます。

101さん、本日は
ありがとうございました。

101: ありがとうございました。
(フラッシュの嵐)

    


カテゴリ :101のひとり言 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫