FC2ブログ

第227回公開テストを受けてきた。

 2018-01-28
先日の雪が溶け切っていない
道を歩いて、
第227回公開テストを受けて来ました。
今日の会場は、別に近くないのに
よく当たるTK大学

Part1 こんなに技なくていいの?

Part2 最近サウンドトラップは
少なくなったなと思っていたら、
クラシックなパターンが二つくらい
聞こえてきて、

はあ、まだこういうの
出す気は一応あるんだな


と思いました。
ただ、それがクラシックな
サウンドトラップ+連想
のパターンになっていたか
確かめる余裕がなかったのが
残念。

距離感のある問題は、
今日はそんなにすごい
距離感とは思わなかったし、
数も少なかったと思いました。

「そもそもない」パターンも
毎度なので、慣れてきて、
これは対策可能だなと思いました。

Part3 と4
コンテクストがはっきりと
想像しにくいセットはありましたが、
難問、奇問はなかったと思います。
図表問題は今日は
怪しいくらいストレートでした。

男性の新しいナレーターの方は、
オーストラリア人なのでしょうか?
waitがワイトみたいに聞こえて、
一瞬、え?と思いました。
温かみのある声で、
きらいではないですけれど。

Part5
ここで、語彙問題
痛恨のミス。
後から直さなきゃよかった。
かるた大会の札を
改訂する時に、
加えなければ。

Part6
三セット目が難しかったです。
何言っているのだかわからず
何度か読み返しました。

Part7
構成が

え?それから始めるの?

でした。
で、いつもはある、

読むところが短い
易しいシングルパッセージ


がなかったです。
これでは、スコア低い人は、
めげますよね。
それも、二セット目の
二問付きの問題
(つまり、通常ならば
易しい問題であるところ)
の根拠の単語が
初中級者は知らないような
難語でした。

その後も、解答の根拠が、
さりげなく出ている一語や
二語である問題があって、

TOEICに慣れている人なら
目の付け所がわかっているけれど、
そうでない人はわからないんじゃない?


という問題がいくつかありました。

シングルの最初から難しかった分の
バランスを取るためか、
二つ目のチャット問題が
いつもよりやさしく、
MPも難度抑え目だったと
思います。
ただ、ここでも一語が
キーとなる問題がありました。

この手の問題は
対策しやすいので、
TOEIC講師としては、
嬉しい問題です。


全体的には、
今日はリスニングで
あまり疲れなかったので、
リーディングで力が尽きずに
済み、2時55分終了。
3:02までだったので、
7分余り。
これは、問題を解くのが遅く、
ぎりぎりに終わることもある
101にしては余裕があったほうです。

あ、ここまで長々と
読んでくださった方のために、
一つだけ秘策をシェアします。
今日は、ティッシュに

ミントのエッセンシャルオイル

をたらして行きました。
そして、リーディングで、
集中力が切れた時に、
嗅ぐと、す~っとして、
それで集中力が持ったような
気がします。
まあ、もともと鼻づまり体質なので、
効くのかもしれませんが。
お試しになって、
是非感想をお聞かせください。

    

テスト後のお茶。真っ赤なコーヒーカップが素敵でした。
IMG_0562.jpg



カテゴリ :101のひとり言 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫