晴れていない日

 2016-06-24
この時期の天気予報は、
誰もが晴れの日を待ち望んでいるかのような
言い方をするので
カミングアウトしづらくなってしまうけれど、
私は、明るめの曇りの日が好き。
雨が上がって、晴れになる前の束の間や、
雲間から時折薄日が差す日も好き。
風さえなければ、小雨の日だって好き。

雨に濡れた緑が美しいし、
見上げた大きなビニール傘に落ちる雨は、
ボツボツという音を立て、
かすかな振動を与え、
キラキラしてそれからすーっと流れ落ちる。

そんな日が好きなのは、
色白で日差しが苦手なせいもあるけれど、
性格なのだと思う。

「カメは全力を尽くした。君はどうだ?」

という松岡修造のいつも快晴!のような言葉に、
やっぱり自分も全力を尽くさなきゃだめだな~
なんて励まされる時もあるけれど、
この世には、そんな激励や、
教訓や、情報が溢れすぎていて、
受け止めきれずに、疲れてしまう。
そして、しばらく
自然の音だけを聞いてぼ~っと過ごしたくなる。

風に揺れる木の音、遠くから聞こえる鳥の声、
リサイクルの瓶を集める音。
やさしい明るさの中で、
情報も音楽もなく生きる時間。

今日の天気予報は曇りのち雨
私に取ってのよい天気の瞬間が
見られるのだろうか。

    



カテゴリ :101のひとり言 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫