Possibly TOEICerの起源

 2016-07-13
Morning学習会メンバーからブログに、いただいたコメント。

すみません、こちらのトピックに関係ないのですが、見かけたtwitterが面白かったので(^.^)

藤井久高(あ〜る)さんが医学生botをリツイートしました

連続受験をし始めた時からお前は普通の人間ではない。トイッカーなんだ。


私は3回連続受験だけなので、該当していないと思います。

この問題を論じるには、まずは TOEICerとは何かという定義から、
はっきりさせなければなりません。(-“-)

2013年にアルクから出版されたTOEIC小説
不思議の国のグプタ 飛行機は今日も遅れる
(ヒロ前田&清涼院流水著 校閲 TEX加藤  アルク出版)
の22ページに

TOEICに取り組む人々は、
TOEIC受験者→TOEIC学習者→TOEIC ファンと
出世魚のように成長する。
さらに、たぐいまれなる実力と精神力を持つ
一部の「ファン」は独自の成長を続け、
その生き方に応じて「TOEIC戦士」、「TOEICer」、「TOEIC病患者」
などに進化する。
(TOEICerは2008年に誕生したとされると造語)
ただし、それぞれの呼び名を定義した辞書は発見されていない。

とある。
2008年と言えばその年の1月に神崎正哉先生が、
今では恒例となった公開テスト後のラジオの
第一回を始めた年である。
その掲示板の確か最初の質問者として、
TOEICer101(←ETSの顧問弁護士さんにだめと言われて、
その後101と改名した)が、
「問題冊子を閉じているシールの色は何色でしたか?」
と質問して、その質問に全国の方が
「水色でした」と答えてくれて大いに盛り上がった?のでした。
今となっては馬鹿な質問ですが、
当時はこのようなTOEIC全国放送が初めてだったので、
シールの色についても皆よくわかっていなかったのです。

神崎先生とお話しをした際に、
「と、いうことは、元祖TOEICerは私ですかね?」と伺うと、
「そうじゃないですか」と承認して?いただいたので、
もしかすると、TOEICerという言葉は
ここから始まったのかもしれません。

その当時は「マサマサさん」というTOEIC学習者の方が
神崎先生のラジオに出演していらして、
その方を始め、特に男性のみなさんは
「TOEIC戦士」と名乗っていらっしゃったので、
TOEICerという語は一般的ではありませんでした。

でさらに遡って、TOEICer101と名乗るまでのいきさつ。
ある日101が現代巨大寺子屋で学生と会話していると
私が学生の服装について何かコメントした時、

「先生、私たちユニクラーですから」
と言われたのです。
「“ユニクラー”って何?」
「ユニクロ着れば“ユニクラー”です」と。

ふ~ん、ユニクロを着る人をユニクラーと言うなら
TOEICする人は、TOEICerなんじゃない?
TOEICerって、なんかスタートレックマニアを表す
Trekkerみたいな響きで面白くない?
というわけで、TOEICer101と名乗ることにしてみたのでした。
(何故101なのかは別の機会に)

つまり

TOEICする人はTOEICer

なのですら、
学習会に来て、TOEIC三回連続受験していれば、
もう立派なTOEICerなのですよ。

    




カテゴリ :101のひとり言 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫