とどの卒業

 2016-08-08
MTTKにおける「とど」とは、

哺乳綱ネコ目アシカ科トド属に分類される食肉類

ではなく、
発足時から出席してくれた、
いかにも利発でまじめそうな顔立ちの、
マスコットボーイ?の大学生メンバーのことです。
(ちなみに、動物のトドのイメージとは程遠いslender boyです。)

塾講師のアルバイトで英語を教えるほどの基礎力と、
連日10時間の勉強も厭わないという強靭な精神力で
600点台からあっという間に800点後半までスコアアップ。
7月の受験を最後に、TOEICもMTTKも
卒業することにしたのでした。

私は大学生には、800点以上取得したら、
TOEICは取りあえず卒業することをすすめています。
(法科大学院等、一部の900点を要求する機関を目指す学生を除く)

① 英語の基礎力がしっかりしている学生が、
適切なTOEICの勉強をすれば、800点以上には半年~8か月程度でなるが、
多くのケースではその後の点数の伸びが鈍化する。

② 800点以上取っても、就職において有利になることはほとんどない。
それ以上取る場合は、TOEIC以外の能力もよほど秀でていなければ
ハイスコアがプラスに働かない。

③ 大学時代は、TOEIC以外にもチャレンジしておくべき大切なことがいろいろあるはず。


と思うからです。

とは言え、とどが卒会してしまうことに、一抹の寂しさも。

      

そんな、101にTOEICの神様からのプレゼント。
7月の公開テスト教室に入っていくと、
そこにとどがいたのです。
それも、私の席の二つ斜め前。

「あれ?何で?(住んでいるところ)東京じゃないよね?」
「そうなんですけれど、東京のほうが便利なんで東京と書いたら
ここになったんです。」

MTTK以前に私の講習会の受講生であったとどと初の師弟受験。

十分ハイスコアだとはいえ、
最後に念願の900取らせてあげたい。


祈るような気持ちでテスト開始。
そこからは、ツイッターのほうで嘆いた
後ろの人がリスニング中に急患として運び出されるという
アクシデントもあったりして、こちらも無我夢中。
終了時刻三分前に解き終えて、とどの方を見ると、

あ~まだ解いている。頑張れ!

15時1分。終了時刻となり、
とどの短くも激しく燃えたTOEIC時代が幕を閉じたのでした。

終わってのとどの感想は、

難しかった。900点行っていないと思う。

でしたが、結果がどうあれ、
この半年十分にTOEICと戦って、立派でしたよ。

とど、TOEIC卒業おめでとう。
これからは、スコアの向こうにある夢の実現に向けて
走れ!


     

*この記事は事前に本人の承諾を得て掲載しています。

カテゴリ :101のひとり言 トラックバック(-) コメント(2)
コメント
なんと最後は師弟対決!

この場を借りて私からも卒業おめでとうを言わせてください。

ちなみに私の家庭内でのあだ名がとど(私の場合体格と行動パターンから)なので、tontonで間違えて「とど」のアカウントに何度もパスワードを入れて自分の予定を変更しようとしておかしいな?あれ?と何度もやってしまったことをここで公開したいと思います。

よく勉強する学生さんに刺激を頂きました。私なんてとどさんのスコア取ったの、院生の時でしたから。

これからも大きく羽ばたいてください。元気でね!

>101さんへ
こういうのって教員冥利ってやつですね(ちょっと涙)。

------
負けずに私も勉強するぞ!
【2016/08/08 17:57】 | てすこ #- | [edit]
これからも、一人でも多くの若者の夢への扉を開けるように、お互い頑張りましょう。
【2016/08/08 19:06】 | 101 (ワンノーワン) #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫